たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ふらっとさんの公開ページ

ふらっとさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、男の子15歳

自己紹介
2003年3月生まれの男の子がいます。
いつの間にやらすっかり立派な?小学生です。

息子や
絵本を通じて
お友だちがたくさん増え、
学校などでの読み聞かせのお手伝いもするようになりました。

絵本好きな人は
本当に素敵な方ばかりで
ますます
絵本のすばらしさを感じています。

好きなもの
ひつじが好き♪
ひとこと
今、昔話にはまっています。
いろいろな国の昔話を子どもと読んでいます。
離れた地域なのに、共通するようなお話があったり、
とってもおもしろいですよ〜
お話で旅にでている気分です。
ブログ/HP
息子の出来事と絵本を交えての独り言です。
初心者で、更新もなかなかですが、よかったら遊びに、おしゃべりにきてくださいね☆

ふらっとさんの声

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どのお母さんも、子どもが何より大切  投稿日:2012/11/11
かんちがい
かんちがい 作・絵: 吉田 遠志
出版社: リブリオ出版
先日から、痛ましい事件をよく耳にするせいか、
ふと息子がいいました。


どんなおかあさんでも、子どもは大切に思うものなの?


そんな質問をうけた数日後、
偶然、この本を読みました。

胸にずしん。
余韻からぬけられません(私がですが・・・)。

どんな動物も
子どものために
必死なんです。

命がけなんです。

だから、
時には
かんちがいもすることもあると思います。

痛ましい事件も
きっと必死さからきていることが多いのだと思います。

親の元からすこしずつ離れようとしはじめている年代にも
親子でぜひ、
手にとってほしい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だいすき、だいすき♪  投稿日:2011/02/04
ブルッキーのひつじ
ブルッキーのひつじ 作・絵: M.B.ゴフスタイン
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ジー・シー・プレス
愛しい人への
思いをこめた本です。

羊のことが大好きで、
歌を教えたり、
羊の本を集めたりするけれど、
何をしてあげても

「めえめえめえ」

でも、
大好きなの。

そうなんです。
ほんとうに愛しいんです。

子育てと一緒です。

 だいすき だいすき
 かわいいこひつじ

 みみのうしろをかいてやる

 そうしてぴったりよりそった。

もう、この最後の部分がたまりません!
心がキュンとなってしまいます。

ぜひ、シンプルな絵と一緒に読んでほしいです!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 新版は・・・  投稿日:2011/02/04
ねえ、どれがいい?
ねえ、どれがいい? 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
この本は、最高にすばらしい
一家に一冊の本です。

先日、
新版がでたことを知り、
あまりに
旧版とかわっていることに驚きました。

絵本仲間のお友だちと見つけた
新旧の違いを紹介します。

表紙は
原書に近づいたのかな。
以前より
全般に色が濃くなって、
明るくなったような気がします。

また、
紙質も変わりました。
新しいほうはツルツルしたかんじ。

そして、
日本語訳がすごく変わっていました。

字体は丸い字体になり、
太字、カタカナを多用!

言い回しもすごくかわっています。
以前は、トランペットなどの音が
かかれていなかったのに、
「プップー」と音がかかれてる。
「小人」→「ノーム」とかわっていました。

あと、
気になったのは、
最後のページで
「それともさ」のところが
「そんなことより」の言葉。

日本語訳の違いで本が
こんなに変わるなんて!と
驚きました。

ぜひ、読み比べてみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぼくの頭の中も・・・  投稿日:2011/01/13
ミリーのすてきなぼうし
ミリーのすてきなぼうし 作: きたむら さとし
出版社: BL出版
初めてよんで、
息子(7歳)に感想をきくと、

「ぼくにも見えるよ。当たり前でしょ。」

といわれました・・・
その割には
私の帽子の中をみてくれていないのですが・・・!



私はなんといっても
この帽子屋さんの
心意気に感じ入りました。


夢の中で生きているころの子どもたちに、
そのころのことを忘れてしまった大人に
手にとっていただきたい絵本です。


ちなみに、息子の頭の中には
宇宙がひろがっているそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すてきな時間  投稿日:2010/01/22
ジルベルトとかぜ
ジルベルトとかぜ 作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: たなべいすず

出版社: 冨山房
ジルベルトが
かぜと
たわむれて遊ぶ姿が
本当に
かわいい!

すべてのものに
いのちがあるように感じられる
小さければ小さいころのほうが
子どもは共感できるのではないのかな?

我が家では
3歳ぐらいから読んでいましたが、
久しく読んでいませんでした。
6歳の先日、読んだら
「わかる、わかる!」と
うなづいて聞いていました。

まだまだ夢の中時代が続いているようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい えぇ〜!!?  投稿日:2009/05/15
ふしぎなナイフ
ふしぎなナイフ 作: 中村 牧江 林 健造
絵: 福田 隆義

出版社: 福音館書店
読み聞かせで出会った絵本。

どの子も必ず大笑い!

息子もページをめくるたびに大笑い!
それも、いくつになっても。

ふしぎな絵本です。

ナイフがまがったり、われたり、はじけたりするだけなのに、
こんなにみんなのハートをつかむなんて。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぼくのようちえんも・・・  投稿日:2009/05/15
よるのようちえん
よるのようちえん 作: 谷川 俊太郎
絵: 中辻 悦子

出版社: 福音館書店
幼稚園入園前に購入しました。

元永さん、中辻悦子さんの赤ちゃん向け絵本にずいぶんお世話になり、
幼稚園入園に向けてどうかな〜という気持ちで。

やはり、はまりました。
貸してあげた友人の子どももはまりました。
あまりにもはまったので、友人も購入したほどです。

2歳ごろでも、
「そっとさんは」と私が言うと、
「きょろきょろりん」と返してくれる息子。
楽しかったです。
でも、どれがそっとさんかは
なかなか覚えられないんですけどね・・・

以前、伊丹市で、元永さん、中辻さんの絵本展(だったかな?)に
伺ったとき、
よるのようちんのお部屋が再現されていて
感動☆
私が大はしゃぎでした。

「さよよんならららーん」
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たべてみたい・・・  投稿日:2009/05/15
だいふくもち
だいふくもち 作・絵: 田島 征三
出版社: 福音館書店
このだいふくもち、
どうして、ごさくのところにきたのだろう?

一番最後のページがすごくこわい〜!!!
けど、このだいふくもち、ひとつ食べてみたい・・・

土佐のことば?がしぜんに耳になじんで入ってきます。
息子は
「いんげ」ということばがすっごく気に入ったようで、
この本のブームのころはよく使っていました。

田島征三さんの創作だそうですが、
すごい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキ・・・☆  投稿日:2009/05/15
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子
訳: 坪井 郁美

出版社: ペンギン社
マーガレット・ワイズ・ブラウンにはまっていたときに、
この本に出会いました。
林明子さんがえを描かれているなんて!
外国のお話だけど、日本的でもあり、
小さな子どもにも受け入れられやすいのではないでしょうか?

息子がけっこうスタスタと歩けるようになったのに、
ずっと抱っこちゃんだったので、
この男の子のように、歩いてくれたらなぁと
思って購入しました。

男の子が、おばあちゃんのおうちに向かう途中、
いろいろなものに、
五感をいっぱい使って出会っていきます。

そして、冒険が終わったあとの、
おばあちゃんにイチゴをあげる時の男の子の顔が
大人びて見えます。

今の世の中、このような道のりを
子ども一人で歩かせられないけれど、
こんな探検させたいなぁ。

ずっと読んできた絵本ですが、
今も、そこハチがいるって!とつっこみながら読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のりもの絵本デビューにぴったり  投稿日:2009/05/15
ふね
ふね 作・絵: バイロン・バートン
訳: こじま まもる

出版社: 金の星社
息子ののりもの絵本デビュー作品です。
10ヶ月ごろから何度読んだかわからないほどです。

最初は、「うみです」
から始まり(この始まり方が好きです)、
どんどんいろんな船が次々と登場してきます。

消防艇や客船、タグボートなどそれぞれの役割が
簡単な絵や文章で、
小さい子どもでもよくわかるように描かれています。

1、2歳のころは、読むたびに、
一緒に客船にのりたいなぁと言っていました。

6歳の先日、久々に読んだら、
出航の紙ふぶきのシーンを見て、
「これ、全部ゴミになるから
海のためにはダメだよね!」
と言っていました。
大きくなったなぁ・・・
参考になりました。 0人

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「楽しみながら生活する気持ち」と「生活習慣」を学べる絵本♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット