キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

tomtomさんの公開ページ

tomtomさんのプロフィール

ママ・30代・

tomtomさんの声

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 女の子の冒険物語  投稿日:2015/09/02
マーメイド・ガールズ2 アイス王国編3 ハティと空飛ぶじゅうたん
マーメイド・ガールズ2 アイス王国編3 ハティと空飛ぶじゅうたん 作: ジリアン・シールズ
絵: つじむらあゆこ
訳: 宮坂 宏美 田中 亜希子

出版社: あすなろ書房
前シリーズに続き今度はアイス王国を救うべくマーメイドガールズたちが奮闘します。
個性のある人魚たちやかわいらしい仲間達が出てきます。
内容もさることながら表紙絵もかわいらしく女の子らしい1冊ですので低学年から中学年のお子様におすすめです。
1年生での一人読みは難しく、2年生では一人で読破しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 完璧な自分を作り出す  投稿日:2015/09/01
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 8番地 マージともう一ぴきのマージ
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 8番地 マージともう一ぴきのマージ 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
魔術師マージの魔法はいつも危なっかしくイマイチでみんなが近づきたくない存在。
自分で完璧な自分であるマージ2号を作ってしまいます。
完璧な2号のせいでイラつき調子がくるってしまうマージは2号を消し去ろうとしますが…
最後はチュウチュウ通りの仲間達に愛されている様子でほっとしました。
マージのペットもちょっとユニークで面白いお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 好きこそものの上手なれ  投稿日:2015/08/31
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 4番地レインボーとふしぎな絵
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 4番地レインボーとふしぎな絵 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
有名でもお金持ちでもないレインボーですが、絵を描くのがとっても大好き。
画材も不十分な中、おもしろくて素敵な絵を完成させます。
おひさまホームのご老人たちも大喜び。
絵が大好きな子にはもちろんそうでない子にも、笑顔になれるストーリーです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろいです  投稿日:2015/06/25
ふくろうくん
ふくろうくん 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
その後何度か読むうちに子供がハマりました!
おもしろおかしく読み聞かせることでより一層楽しめます。
低学年くらいまでのお子様にお勧めします。
アーノルドローベル、色々読んでみましたがコレが一番気に入ったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなことを思っていたのね  投稿日:2015/06/25
おはなし だいどころ
おはなし だいどころ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: PHP研究所
おはなしきょうしつが気に入り、こちらも読んでみました。
台所にあるみんなが知っている物たちがいろんな会話をしています。
けんかしたり、いたずらしたり、かなしくなっちゃったり・・・
でもそれだけじゃありません、物を大切にする気持ちが込められています。
ちょっとおもしろいお話が読んでみたい時にはおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわかします  投稿日:2015/06/25
ふたりはともだち
ふたりはともだち 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
「おてがみ」が学校の教科書に出てくるので読んでみました。
おもしろいような、なんだかうっとりするような、ほんわかした気持ちになれます。
繰り返しが多いので、1話が意外と長く感じました。
小学校初級〜という表記があるように、絵本のような簡単な本ではあるものの、内容理解、感情移入にはそれくらいの年齢のお子様向けなのだと思いました。
次の展開がどうなるのか、大体予想できる文章で、逆にそれが面白味があるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どろんこだいすき  投稿日:2015/06/25
どろんこ こぶた
どろんこ こぶた 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
どろんこにずずず〜っと沈んでいるのが大好きなこぶたちゃん。
きれいに洗われたのを怒って家出してしまいます。
でも最後はまた家族のもとに帰るのです。
おじさんおばさんにとても大切に愛されているこぶた。
かわいらしくもあり、おもしろくもあり、読んでいてあったかくなるお話です。
7歳には少し幼いのかな?と想像していましたが、大変気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなぼうしをかぶっている  投稿日:2015/06/25
ミリーのすてきなぼうし
ミリーのすてきなぼうし 作: きたむら さとし
出版社: BL出版
国語の教科書に載っているので是非読んでみたくなりました。
形のない自分で作り出すぼうしを買ったミリーですが、ふと誰もがみんなぼうしをかぶっている事に気が付きます。
きれいなぼうし、たのしいぼうし、なかには悲しいぼうしも。。。
子供はクジャクのぼうしが印象的だったようです。
寝る時までぼうしをかぶっているミリーが微笑ましかったです。
絵を見ているだけでもお話が膨らむような絵本です。
教科書にはこんなに絵が載っていないので、違った見方が出来てよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっぴり切ないお話  投稿日:2015/06/25
まじょねこピピ ごしゅじんさまはどこ!?
まじょねこピピ ごしゅじんさまはどこ!?  作: 中島 和子
絵: 秋里 信子

出版社: 金の星社
おかあさんを亡くした黒ネコのピピはまじょねこになるため、ご主人様を探し求め旅をしています。
ある日ねずみに連れられ、ようやくまじょ!?を見つけ喜んでいたのですが、それがとんでもないご主人様だったのです。
おかあさんを思い出して泣いてしまうピピには思わず切ない気持ちになります。
ねずみとの友情物語もあり、次作へと続きます。
とっても大きな字でフリガナ付きです。
読み聞かせはもちろんですが、一人読みを始めるお子様にもお勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学校にあるアレアレ!  投稿日:2015/06/25
おはなし きょうしつ
おはなし きょうしつ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: PHP研究所
教室で使う物たちの普段の会話を聞いているようです。
子供の身近な物ばかりなので、おもしろく、文具の見る目が変わってきますね。
次々お話がかわるのも、子供が興味をもつ構成になっていて楽しいです。
おはなしだいどころも面白かったですが、小学生にはこちらの方がより面白いみたいです。
参考になりました。 0人

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット