新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

おさかなままさんの公開ページ

おさかなままさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、男の子7歳

おさかなままさんの声

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う いいです!  投稿日:2019/06/14
おっと合点承知之助
おっと合点承知之助 作: 齋藤 孝
絵: つちだ のぶこ

出版社: ほるぷ出版
齋藤孝さんの本なので、勉強っぽいかなとおもったら、そんなことなく。5歳の息子によんだら、ハマってました!
ダジャレや言葉遊びがすきなお子さんだったら、きっと楽しいと思います!特に男の子に良いと思います!
日本語のリズムが子供に染み込んでいる気がして、なかなか心地よかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う イカダンス♪  投稿日:2016/11/17
だいおういかのいかたろう
だいおういかのいかたろう 作・絵: ザ・キャビンカンパニー
出版社: 鈴木出版
前頁ためしよみをみて、深海生物好きな息子が喜ぶかなと思って購入しました。
独特な絵が醸し出す面白そうな世界とダイオウイカのダイナミックさ。そして寒い冬のあるひのできごと。
寒い冬に、お部屋をあったかくして、親子でほのぼのと笑える絵本になりました。この冬たくさん読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 誰にもあるこの気持ち  投稿日:2016/11/07
たまごにいちゃん
たまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
ずっとずっとおかあさんにあっためてもらいたい。もうこうしていられる時間ではないことは、なんとなくわかっているけれど・・・。

子どもに限らず、こんな気持ち誰にでもあるなと思います。
なかなか一歩踏み出せなくて。でも一歩踏み出してしまえば、あれ?どうってことないかも?

幼稚園になかなか行きたがらない息子になにか伝わったものがあったかな?

おとなの方にもぜひ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いきものへの興味を掻き立てられます。  投稿日:2016/11/07
あかちゃんかたつむりの おうち
あかちゃんかたつむりの おうち 文: いとう せつこ
絵: 島津 和子

出版社: 福音館書店
かたつむりがだいすきな息子と読みました。

かたつむりっておうちが大きくなるんですねー。息子とこの絵本で知り、一緒に驚きました。
絵もステキで、生き物も植物もとてもみずみずしく描かれています。
生き物への興味をかきたてられます。
こどもと一緒に楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子の絆の本かな。  投稿日:2016/03/30
しろくまくんの このあな なぁに?
しろくまくんの このあな なぁに? 作・絵: 菅野 由貴子
出版社: 大日本図書
図書館で借りてきて出会いました。
あなって気になりますよね。二歳の息子にも共感できたらしく、お気に入りの一冊になりました。
いろんな穴に入っていろんなところにいって、さみしくなると母のところに戻る・・・。
あのね、あのね、あなのなかってね・・・
って子どもがお話してくれたら、たくさんきいてみたいと思います!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことばがたのしい!  投稿日:2016/03/30
すっぽんぽんのすけ
すっぽんぽんのすけ 作: もとした いづみ
絵: 荒井 良二

出版社: 鈴木出版
すっぽんぽんのすけ、ストーリーもさることながら言葉が楽しいです!
我が家のすっぽんぽんのすけも、〜でござる!ってマネしたりして楽しんでいます。
子どもにとってはすっぽんぽんでいることで、こんないろんな想像を膨らませてたのしんでいるのかな。
子どもの世界はおとなには立ち入れないほど、奥深くひろがっているんだろうな。
なんて子供の世界を垣間見たような気持ちになりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 不思議な世界へ  投稿日:2016/03/30
めっきらもっきらどおんどん
めっきらもっきらどおんどん 作: 長谷川 摂子
絵: ふりや なな

出版社: 福音館書店
長谷川摂子さんの絵本が気に入って、手に取りました。
3歳4か月のこどもと一緒に読みましたが、とても不思議な世界に連れて行ってもらって、よんだあとは冒険して帰ってきたような気分。
トトロとか、そういう雰囲気に似ているかな。
母の私も童心に帰って楽しかったです。
長谷川さんの絵本らしく、言葉の響きが楽しくて、面白くて、おきにいりの一冊になりました。
きっと大きくなっても心に残る一冊になっているだろうなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 勉強になる!  投稿日:2016/01/12
ぼく、だんごむし
ぼく、だんごむし 作: 得田 之久
絵: たかはし きよし

出版社: 福音館書店
3歳の息子がダンゴ虫好きで、表紙を見て気に入って読みました。
ダンゴ虫の生態がわかりやすく書かれている本です。
3歳の子には難しかったみたいですが、母の私の方が「へー」「そうなだったんだ!」が止まらないです。
少し大きくなったらまた読んであげたい!
勉強になりました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 寝る前のほんわかしたひとときに  投稿日:2016/01/12
ぽっかりつきがでましたら
ぽっかりつきがでましたら 作: 内田 麟太郎
絵: 渡辺 有一

出版社: 文研出版
言葉のリズムと美しい絵でやさしい時間が生まれます。
寝る前の読み聞かせにぴったりだと思います!
満月を見ると、ぽっかりつきがでましたら〜って、思わず口をついて出てしまいます。
やさしくほんわかした絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こどもって・・・  投稿日:2016/01/12
赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー
赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー 作: ナムーラミチヨ
出版社: 主婦の友社
こどもってこういうの好きなんですね!
うちの子は実は2歳、もうすぐ3歳の時に初めて読みました。
0歳のおすすめ本になっていて、うちは2歳だからもう遅いかなと思っていたのですが、どうしてもこの表紙の絵が忘れられなくて。
読んであげたらハマルハマル!こういう、音って好きなんですねー。
3歳になった今でもたまにだっだー!!って言って喜んでいます。

参考になりました。 0人

18件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット