猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

タムカズさんの公開ページ

タムカズさんのプロフィール

ママ・30代・広島県、男の子3歳

タムカズさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 外からみたおうち、おうちからみた外  掲載日:2017/8/3
わたしのおうちあなたのおうち
わたしのおうちあなたのおうち 作: マウリーン・ロフィー
訳: さがの やよい

出版社: 童話館出版
わたしやあなたのおうちの窓や入口があいていて、そこから次のページが見える少し厚めの紙でできたしかけ絵本です。

味わい深くて愛らしい絵にまず引きつけられるのと、「いいえ」がつづいたあとでさわやかに「そうですよ」と肯定され、良い意味で期待を裏切られるのがなんだか新鮮です。
だれもが内ではほっと休んでいるようで、おうちの安心感とあたたかさを感じます。

ちょうど2歳頃にこの本がうちに来て、嬉しそうに読んでいますが、3歳3ヶ月の今でも覚えている文章を言いながらにこにこと開いています。

緊張と弛緩がほどよくて心地良く、子どもにやさしく世界を教えてくれている気がします。

個人的には、最後のページでパパさんがナチュラルにお皿を拭いていることに外国らしさを感じました。子どもが大人になる頃にはそういうのが話題にもならない社会になっていたらいいな。

色んな魅力の詰まったありそうでなかなかない、出会って良かった絵本のひとつです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小児科の待合に置けばいいのに!  掲載日:2017/8/2
かえるのよぼうちゅうしゃ
かえるのよぼうちゅうしゃ 作: さくら ともこ
絵: せべ まさゆき

出版社: PHP研究所
せべさんの『おさるが100ぴき』にを大変気に入っていた3歳3ヶ月の子どもに読みました。
うちの人はなぜか注射が平気なので、「(注射)しなきゃだめだよねー」とつぶやきながら読むのを気に入っている様子。

おさると同様、かえるたちがシンプルな線で描かれているにも関わらずとっても表情豊かで彼らの気持ちがこちらに伝わります。
登場かえるたち特有の話し方があり、それぞれの性格もよく分かる上に、声色を使わなくてもだれが話しているのか分かってしまうのがすごいな!と思っちゃいました。
そして、その愛らしい話し方に登場かえるたちの姿がマッチしているのが素晴らしい。

今日は予防接種!子どもに言いにくいなぁ、嫌がるんだろうなぁ、あー気が重い。と思ってしまうママさんに伝える術のひとつとしてお勧めですし、小児科待合に置けば注射をがんばる勇気のでる子が増えるだろうに!と強く思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目からウロコ  掲載日:2017/7/18
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
20代の頃に2時間くらいかけて立ち読みしてコレ!と購入しひとり暮らしの頃からたまに見ていた絵本が0歳からのいちおし絵本だったとは!子どもを産んでから知りました。
生まれて間もなくから読んでいますが、3歳になったばかりの頃久しぶりに出したらさらに楽しそうに見ていました。何回読んでも楽しそう。
表情を見ていると、こんなにも文字が少ないのに色んな感情を引き出してくれるようです。
良い絵本ってこうなんだー、と目からウロコが落ちました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 巣箱をつくりたくなる  掲載日:2017/7/18
すばこ
すばこ 文: キム・ファン
絵: イ・スンウォン

出版社: ほるぷ出版
賑やかだったり、ただただかわいらしい絵の本も多いなか、落ち着いた雰囲気としぶいタイトルのこの絵本はどんな反応をするんだろう。。彼は最後まで見るのか!?と思いながら3歳1ヶ月の子どもに読みました。
ストーリーをどのくらい理解しているのかはよく分かりませんが、色々な巣箱に見入って、写真のページも質問しながら見てました。
私にとってはヒストリーと世界には色々な素材で作られた巣箱があることがとっても新鮮で!すぐにでも巣箱を作って設置したくなりました。(まだ作っていませんが…)
自分の作った巣箱で鳥が生活してくれ、家の近くで楽しそうにさえずるのを想像すると胸がわくわくします。
この絵本を見ながらどんな巣箱を作るか話しあって、彼が入園するまでに一緒に巣箱を作りたいなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 分厚い!高い!でも!!  掲載日:2017/7/18
おみせやさんでくださいな!
おみせやさんでくださいな! 作: さいとう しのぶ
出版社: リーブル
2歳2ヶ月の子どもに勝手にふしをつけて歌い読みしました。(※正しい楽譜はあります)
商店街のみんなが最後向かったところは…!

細かいところまで丁寧に表情豊かに描いてあり、ストーリーもおもしろくて、探し絵本としても楽しいです。話をじっと聞けないタイプの子はぱっと開いて探し物遊びをしても楽しそう。
このお店にある時計って… と時計やさんのページを見てみたり、このお店にいるお客さんって… とあっちをめくりこっちをめくり、本当にウィンドーショッピングをしているみたい!
ストーリーに関係する特に注目すべきお店が個人的には2軒あります。また開くともっと見つかるかも…

私たちはいつも読むときに20分はかかります。カバンに入れやすいサイズで、飲食店での待ち時間はこの1冊で楽しく待ってくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝かしつけには向かず  掲載日:2017/2/13
ぼくのふとん
ぼくのふとん 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
初めて読んだのは1歳10ヶ月の時。大好きな線路いっぱいのページがお気に入りでずっと見たがりました。

2歳10ヶ月の時にふとんなので、と寝る前に読んだところ、『全自動布団システム』にひどくはまり、家族が何事かと見るくらいにゲラゲラ笑い、「これ(布団システム)、ほしいよー!!」と、電気を消すまで見たがりました。絵本でこんなにゲラゲラ笑う姿を見たのは初めてです。

そして、興奮したのか、妄想が膨らんだのか、寝付きがとても悪かったです(涙)

表情豊かな絵が隅々までしっかり描いてあり、探し絵もあり、私が読まなくてもひとりで眺めて楽しんでいますし、これから成長するにつれてまた違う反応を見せてくれるのだろうなと私も楽しみです。
彼が自分で字を読めるようになったり、ひとりで寝られるようになったときにはまた違う喜びを与えてくれるのだろうな思います。

ただ、ふとんのお話なので、布団に入って読みたくなりますが、幼いうちはこういう楽しすぎる本は昼間に読んだ方がいいんだなーと反省しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすが名作なんだなーと。  掲載日:2016/1/19
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
正直、私はこの絵本の魅力が全然分からず0歳何ヶ月の頃か覚えていませんが、たぶん5回読んだくらいで収めていました。
ちょっとずつおしゃべりし始めた1歳7ヶ月の日暮れ、空に浮かんだおつきさまを指さして 「こんばんは」 って息子が言ったのです。
あんなにも読んでいないのに、心にしっかり残っていたんだなぁーって思いました。
すぐに押入れから出して、また読んでいます。
私の好みだけで読む絵本を決めちゃいけないな、って実感させてくれた一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分のために買いました  掲載日:2016/1/19
ぷくちゃんのすてきなぱんつ
ぷくちゃんのすてきなぱんつ 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館
1歳6ヶ月の息子に読みました。
ぷくちゃんがおまるに座れたところで拍手してあれ?という感じになったり、最後のパンツが並んだページで嬉しそうに指さししたり、おそらく共感するところが多い感じです。
悪気なくじょじょじょーんとされてしまったときにぷくちゃんのお母さんみたいにならなきゃな、と自分の教科書としてそばに置いておこうと買いました。
トイレトレーニングをがんばっているお母さんにお勧めしたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっともっと読みたーーーーーい!!!  掲載日:2016/1/19
す〜べりだい
す〜べりだい 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
1歳3ヶ月くらいの息子が何度も何度も持って来た絵本。「すーーーーーーーーーーー」が一番長いページや「ずん!」と重々しく落ちてくるところ、クライマックスのジャンプするすべり台など、いつも全力で読んでしまう私は毎回酸欠になりそうですよ、鈴木さーん!
1歳8ヶ月の最近は、お空にある飛んでるものにも目が向くようになり、見つけて楽しそうです。
私も大好きなので買ってしまいましたが、買ってよかった長く何度も楽しめている絵本です。
余談ですが最近の絵本ナビさんインタビューで鈴木さんが登場して嬉しかったです。ありがとうございました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ついついニッコリ  掲載日:2016/1/18
どんどん くるくる
どんどん くるくる 文: 中尾 昌稔
絵: 岩田 明子

出版社: 大日本図書
1歳7ヶ月の『くるくるするもの』が大好きな息子に絶対気に入るだろうと読みました。案の定、超お気に入りです。
色鉛筆のようなもので描かれた手書感があるのにきっちりとした印象の味わい深い絵がとても魅力的です。
くるくるから目を離すとついついニッコリしてしまう楽しく美しい絵本です。
参考になりました。 0人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット