話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

わんちゃんびっとさんの公開ページ

わんちゃんびっとさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男の子10歳

わんちゃんびっとさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 自分を犠牲にしてでも  投稿日:2015/11/01
おおきな木
おおきな木 作・絵: シェル・シルヴァスタイン
訳: 村上 春樹

出版社: あすなろ書房
好きな芸能人がこの絵本を話題にしていたことがあり興味を持ちました。

一人の少年が老人になるまでの、少年と大きな木のお話です。
少年のことが大好きな木は自分のりんご、枝、さらには幹まで与えてでも、大好きな少年にしあわせになって欲しかったのです。
少年がしあわせになれるのなら自分は幹がなくてもいい。
とても大きな愛です。まさに子供を想う母親のよう。

少年は老人になり、ようやく自分のしてきた過ち、木の大きな愛に気付いたのでしょう。
最後にまた寄り添い合う姿に感動しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議なうたですね  投稿日:2015/10/25
だくちる だくちる はじめてのうた
だくちる だくちる はじめてのうた 作: 阪田寛夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
にんげんがうまれるずっとずーっとまえのまえ そのまたずーっとまえにイグアナどんがはじめてきいた歌のお話です。
初めてタイトルを見たとき「だくちる?だくちるって何?」と思いました。

この絵本が気になったきっかけは長新太さんが絵を描かれているからでした。
息子が初めて自分で声に出して読みたがった絵本が長新太さんのごろごろにゃーんだったのです。
長新太さんの絵は独特ですね。
こちらの絵本でもやはり独特で、イグアナどんの顔が描かれておらず、体の色もころころ変わります。
でもその色の変化で朝昼晩の時間の変化だったり、寂しい嬉しいの気持ちの変化がなんとなく読み取れるのです。
不思議ですね。

不思議といえばやはり「だくちるだくちる」という歌です。
今では音のない世界は想像しづらいですが、想像するだけでとても孤独で寂しくなります。
そんな時にはじめて聞こえた歌はきっととても心強くて愛おしく感じたでしょう。

無駄な話がなく短くシンプルなお話なので、とても印象に残る素敵な絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわかするお話です  投稿日:2015/10/25
チリとチリリ ゆきのひのおはなし
チリとチリリ ゆきのひのおはなし 作: どい かや
出版社: アリス館
レビューコンテストということで書いてみました!^^

「チリとチリリ」シリーズは少し前から気になっていたのですが、なんと言っても絵がとてもかわいいですね。
その中でも最初に気になったゆきのひのおはなしを読んでみました。

一面が白い雪、氷で冬を感じられるのがとても素敵です。
私たち大人からすると「寒いから温かい飲み物を飲もう」「寒いから温泉に入ろう」という何気ないことでも、子どもは絵本を通じて「そうなんだ」と自然に気付き、学んでいけるのだと思います。

温かい飲み物を飲み、温泉で温まり、夜には澄み切った夜空に流れ星が流れる。
冬は寒いけれど、こんな一日だと体も心もぽかぽかしますね。

チリチリリ チリチリリと自転車に乗って楽しい冒険。
他のお話も読みたくなる、楽しいお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だいすきです  投稿日:2015/10/08
100にんのサンタクロース
100にんのサンタクロース 作: 谷口 智則
出版社: 文溪堂
去年購入してから谷口智則さんの大ファンになりました!
海外で出版されている絵本も集めています。
やっぱりこちらの絵本は谷口さんの代表作ではないでしょうか?(#^^#)

まずなんと言ってもサンタさんがかわいい!
絵には詳しくないのですが、独特の柔らかい色使いが素敵です。
谷口さんの人柄のように、ストーリーもほんわかします。

大阪の四条畷には100にんのサンタクロースに出てくるサンタさんのオブジェが数体置かれています。
今後も増えるようですよ。
サンタ巡りがオススメです!
谷口さんのカフェでは運が良ければご本人にお会いすることもできます。

とってもかわいいサンタさんのお話、ぜひ読んでみてください☆
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 自分では選ばなかった絵本  投稿日:2015/10/05
めっきらもっきらどおんどん
めっきらもっきらどおんどん 作: 長谷川 摂子
絵: ふりや なな

出版社: 福音館書店
息子が毎月幼稚園でこどものともを購読しており、持ち帰ってきた絵本です。
自分ではきっと選ぶことがなかったと思います。
妖怪(特にもんもんびゃっこ)を怖がるかなと思いましたが、不思議な呪文のような言葉もあってか、怖がることなく楽しめていました。
気付いたら私自身もこの絵本を好きになっていました。
今では長谷川摂子さん、ふりやななさんお二人の他の絵本も集めています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とてもかわいいです  投稿日:2015/10/05
ハロウィンドキドキおばけの日!
ハロウィンドキドキおばけの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
絵の可愛さに惹かれて購入しました。
このシリーズは他にも何冊か購入していますが、いろんなイベントのことをそれぞれわかりやすく紹介してくれているので勉強になります。

去年近くの商店街のトリックオアトリートに参加したのですが、絵本を読みながら○○(息子)もトリックオアトリートしたねと言うととても喜んでいました。
「ハロウィン」と聞いてもイメージが湧きにくかったと思いますが、この絵本をたくさん読んで今ではハロウィンがどういうものかなんとなくわかったようです。
たまに悪いことをすると「空からブルードが来ちゃうよ」と言って少し驚かせています(笑)

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 息子が大好きな絵本です  投稿日:2015/10/04
ふしぎなナイフ
ふしぎなナイフ 作: 中村 牧江 林 健造
絵: 福田 隆義

出版社: 福音館書店
ふしぎなナイフが色んな姿に形を変えていくのが不思議で楽しい絵本です。
最近色んな絵本を読み聞かせていますが、この絵本はシンプルで子どもにとってわかりやすいようで、とても楽しんでいます。
すぐに内容も覚え、最近では「ふしぎなナイフちょうだい」と言って、一人で声に出して読んでいます。
特に絵本に興味を持ち始めたお子さんにオススメしたい一冊です。
参考になりました。 0人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット