話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

おけいはんさんの公開ページ

おけいはんさんのプロフィール

ママ・50代・東京都、女の子8歳

おけいはんさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 食いしん坊には興味津々!  投稿日:2018/11/30
ノホホンむらのねこたち
ノホホンむらのねこたち 著者: さとう あや
出版社: 理論社
かわいい猫ちゃん大集合でたまらない!ノホホン村に引っ越してきたノアール君が挨拶にまわるのですが、行く先々で食べ物をもらってしまい、4匹目のススさんのお宅では「もうお腹がパンパン」という一幕が。娘はこのセリフを見て、「そんなに食べたのかな?」と絵本を読み返していましたが、クロワッサン一個にニンジン一本、ショートケーキ1切れ食べたら確かにパンパンになるかもしれません。その後もチーズとぶどうジュース、野草の天ぷら、餃子にひいひい麺をたいらげる食べっぷりに、食いしん坊親子の私たちの胃袋は刺激されっぱなしでした。単純にこんな村あったらいいな〜というのと美味しいもの食べるっていいよね〜と思わせる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい う〜ん実に哲学的!  投稿日:2017/11/30
サイモンは、ねこである。
サイモンは、ねこである。 作: ガリア・バーンスタイン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
哲学的、かつ文学的なタイトルのため、少々ビビったものの、内容は非常にシンプル。
世の中に、ネコ科の動物って結構多いんですよね。トラ、ライオン、チーターしかり。彼らの中にサイモンという猫が入って、「私たち仲間でしょ?」と訴える。最初は否定していた彼らも、似ているところをあげているうちに急に仲間意識が出てくるという…。
子どもだけでなく、大人が読んでもいろいろ考えさせられる本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おかたづけはしませんが…。  投稿日:2017/11/30
ななちゃんのおかたづけ
ななちゃんのおかたづけ 作: つがね ちかこ
おかたづけアドバイス: 鈴木 尚子

出版社: 赤ちゃんとママ社
私の娘はお片づけはほとんどせず、それでもまあいいかなぐらいのスタンスで読みました。
まずは、なるほど、こういう状況ならお片づけしてくれるかもね〜と思いました。絵本では、おもちゃたちが自分たちの立場でいろいろと訴えるのですが、どれも納得できるものばかり。
でも、子供はそんなことよりも、訴えるときのおもちゃの顔が面白いとゲラゲラ笑っていました。トホホ。案の定、これを読んだからといってお片づけすることもなく・・・。過剰な期待はせず、楽しみながら読ませるぐらいがいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもも大喜び!  投稿日:2017/11/30
わくせいキャベジ動物図鑑
わくせいキャベジ動物図鑑 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: アリス館
まずは絵に迫力があることにビックリ!発想も豊かで、本当の動物図鑑でないにしても、夢中になって読んでしまいました。
考えようによっては、野菜と動物いっぺんに理解することができちゃう優れものかもしれません。子供はワクワク、大人はへ〜面白い!と言いながら読んでしまいますから。
また、これを見ていると、自然とストーリーも浮かんでくる気がします。発想力豊かなお子さんにしたい方は是非、一緒に読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人もハマる!  投稿日:2017/11/30
ようかい りょうりばんづけ
ようかい りょうりばんづけ 作: 澤野 秋文
出版社: 佼成出版社
ストーリー以外でもあらゆる妖怪の紹介が載っていたりして、まさに妖怪大集合な世界。子供も「妖怪ウォッチ」の影響か、こういったものを怖がらなくなったので、楽しみながら読んでいます。
なるほどと思わせるストーリー展開で、読み終わると達成感も。超ハッピーエンドなので、読んでいても爽快感があります。
そして、読んだ後はお風呂で妖怪しりとりを歌うという…。夏ではありませんが、なぜか妖怪のことで頭が一杯になるのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アイデアの宝庫!  投稿日:2016/11/02
つばめこうくう
つばめこうくう 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
最近、やけに飛行機に興味が出てきた娘に読んでみました。
まずは、色彩の美しさにビックリ。鮮やかな色使いと、リアルな表現力に圧倒されました。絵を見るだけでも十分楽しめます。
カエル一家が主人公で、つばめを飛行機に見立て、空港のカウンターがジュースの缶だったりして、絶妙なリサイクル具合に撃沈。
文章も簡潔で、決め台詞がうまいこと入っています。なるほど、こうすると子供は興味を持つんだな、という要素が満載。
まだ娘は飛行機に乗ったことがありませんが、この絵本のおかげで十分リアルに疑似体験できたのではないかなあ、と思っちゃいました。
ちなみに、もとやすけいじさんは、飛行場に勤めているとのこと。だから、細かいところまで表現できるのですね。
飛行機や空港好きなお子さんにはぜひ読んでほしい一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まさに絵本の王道!  投稿日:2016/10/18
くまくまパン
くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
エリック・カールの絵本を読んだ後だったからか、ストーリーがしっかりしているところに妙に感動してしまいました。さすが日本の絵本はレベルが高いですね!
特に、絵がかわいい。ヘタウマ感を出しながらも、しっかり丁寧に描かれています。もともと絵の才能に長けているのはもちろん、時間がかかったろうな〜というのがよく分かります。パン屋に買いにくる客としてたくさん動物が出てくるのですが、ちょっとしたところで木に登ったヒヨコやサルがいたり。カバの王様の家来のサルたちの表情も最高。つまり、脇役までしっかり存在感が出ているのです。こういうの、ママたちは結構好きなんですよね。
セリフもかわいいので、元演劇部らしく大げさに読んでみました。カバの王様の「カボ〜!」というセリフも最高。パンを食べるところでは、娘も一緒に絵本をつかんで食べる真似をしたり。元々パン好きな娘ですが、これでますます好きが加速しそう。
もしパンが嫌いというお子さんをお持ちの人がいたら、ぜひ読んであげてください。あまりのかわいさに「少し食べてみようかな」という気になると思いますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人がクスッとできる!  投稿日:2015/11/30
パンダ銭湯
パンダ銭湯 作: tupera tupera
出版社: 絵本館
タイトルといい表紙といい、ひきが強くてずっと読みたかった絵本でした。
冒頭の銭湯の貼り紙をはじめ、いろいろなところに笑える要素満載。パンダワックスの”しろくろつけようぜ!”しかり、大人が読んで思わずクスっとくる絵本は今までになかった。3歳の娘も、湯船の中でのいろいろなパンダ達とのやりとりは全て覚えたようでした。おっさんパンダの♪パパンがパンパンダ〜にはいつも爆笑。いつか家族で銭湯に行きたいと思わせる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供が変わった!  投稿日:2015/11/08
おかあさん だいすきだよ
おかあさん だいすきだよ 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
子供には毎日、大好きということを伝えたほうがいい――。そんな情報を知った最中にこの本と出会いました。3歳検診で発達の偏りがあることが分かり、子育てに自信を無くしていた頃でした。
絵本の左側はお母さんの優しい気持ちが描いてあるものの、右側は鬼のようにひたすら怒りまくるママの姿−−。まさにいつもの私の姿そのものでした。
でも、左側のような優しい気持ちも常にあるのです。元演劇部の私は、毎日、天使と鬼の姿をメリハリつけて感情をこめて読んでみました。
そして、ラストのおかあさんの、「あなたがずっとだいすきだよ」、という感動的なセリフ。直後に、私も娘を抱き寄せ、「ママもずっと大好きだよ」と言いました。
数日後、娘がニコニコするようになり、とてもものわかりのいい子になったのです。絵本でここまで変わったのは初めてのこと。
子育てに悩んでいるママには絶対に読んでほしい!きっと変わります。あなたも、そしてあなたの大切な子供も。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット