アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

みゆみとさんの公開ページ

みゆみとさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女4歳 女2歳

みゆみとさんの声

66件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 娘が・・・・。  投稿日:2006/11/24
ぴよちゃんのおつかい
ぴよちゃんのおつかい 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
ばあちゃんに絵本を買ってもらい持って帰って来ました。「わ〜!ぴよちゃんだ!」と私が喜んでいると、娘が一言「ママがぴよちゃん好きだからばあちゃんにお願いしたんだよ。」と・・・。どちらが親かわかりませんね・・・(*^^*ゞ。小さい子向けの絵本ですが、年長の娘も、私も大好きな作品です。苺の赤色が映えてて綺麗です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心あたたまるお話  投稿日:2006/11/24
ぴよちゃんとひまわり
ぴよちゃんとひまわり 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
色々な動物や虫達が登場し、色彩が綺麗な可愛い絵本です。ぴよちゃんシリーズは以前から気になっていたのですが、なかなか手にする事が出来ず、やっと購入出来たのがこの作品でした。子供たちに読んでみると喜んでいたものの、上の子は「ひまわりが枯れてしまうところ(ページ)は読まないで!」と言っていたようです。子供ながらに悲しく感じたんでしょうね。でも、結末を読むとホッ・・・・。まだ生命のしくみを理解していない年齢だけど、大きくなったらわかる時がくるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 本屋さんで・・・。  投稿日:2006/11/24
ピヨピヨだあれ?
ピヨピヨだあれ? 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
あ!ぴよちゃんの赤ちゃん絵本が出てる!と思って手にしました。始めは私1人で中身を見ていたのですが、「だあれ?」とページをめくっていくと最後に鏡が・・・・。よくある結末かもしれませんが、私はハッ!とし、笑顔になっていました。子供達にも見せてみると、驚いたような顔をし、その後には笑顔が。うちには赤ちゃんは居ませんが、欲しくなってしまう位可愛い絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 懐かしい・・・・。  投稿日:2006/03/05
ねずみのおいしゃさま
ねずみのおいしゃさま 作: 中川 正文
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
内容はあまり覚えていなかったけど、表紙やカエルの
家族が寝て(冬眠)いる部屋の中の絵等を断片的に
覚えていて、凄く懐かしく感じました。
早速、子供達に読んでみたところ、気に入ったようです。
本当に居たら大変だけど、ちょっぴりドジで
おちゃめなお医者さんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お引越し・・・。  投稿日:2005/07/29
とんことり
とんことり 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
うちも、もう少ししたらお引越しします。
子供にはまだ話してないけど、今の心境にピッタリな
作品だな〜としみじみしながら読んでます。
春から幼稚園に入った長女も、やっと幼稚園に慣れて
お友達も出来たのに離れるのは可哀想だけど、
この絵本のように、新しい土地でも素敵なお友達が
出来るといいなと思っています。
それにしても、林明子さんの絵や表現力って凄いですよね。
凄く気持ちが伝わってきます。
私も「とん ことり」って最初は何だかわからなかったけど、
この作品にピッタリな題名で素敵だなって思いました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わず泣きそうになります。  投稿日:2005/07/22
あさえとちいさいいもうと
あさえとちいさいいもうと 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
あやちゃんが居なくなってしまう所、探し回っているあさえ
の不安な気持ちが伝わってきて、こちらもドキドキします。
最後にあやちゃんを見つけて抱きしめているシーンを見ると
泣きそうになってしまうので、いつも涙をこらえるのに
必死です。(*^^*ゞ
うちも2人の娘が居るのでいつの間にか
重ね合わせているのかも・・・。
時々娘達の名前に変えて読むと子供達は
照れ臭そうに笑っています。
「いもうとのにゅういん」はこのシリーズの続編みたい
なので、是非読んでみたいと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 驚きでした・・・。  投稿日:2005/07/22
バーバパパたびにでる
バーバパパたびにでる 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
バーバパパは昔、アニメで観た記憶があって凄く好きな作品
だったんですが、絵本にはあまり興味が無かったんですよね。
子供が幼稚園で頂いてきた絵本がこの作品だったんですが、
正直「バーバパパ?・・・。」って思ってしまっていたんです。
ところが、読んで見ると内容が凄く素敵!
恋の病にかかってしまったバーバパパはバーバママを探しに
旅に出るんです。
宇宙まで探しに行ってしまうところがまた凄い!
ところが、バーバママはお家の庭に居たんですね・・・。
バーバママと出逢って恋に落ちたバーバパパ・・・。
2人の赤ちゃん達が生まれるんです。
アニメで観た時はすでに子供達は大きくなっていたし
こう言う形でパパとママが出会った事自体も驚きでしたが、
赤ちゃん達の生まれ方?もビックリでした。
最初は馬鹿にしていたけど、子供のお陰で素敵な作品に
出会えて良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しかけが面白い。  投稿日:2005/07/22
ミロとしましまねずみ
ミロとしましまねずみ 作・絵: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
がけねずみのミロが他の島を見つける為に仲間と
イカダで航海に出るお話。
途中で「しあわせなおわり」と「かなしいおわり」に
分かれていて、2通りのお話を楽しめるところが
面白いです。
にじいろのさかなと同じように、綺麗な光る石があちこちに
登場していて、絵も綺麗です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供も大好き!  投稿日:2005/03/30
もりのこえ
もりのこえ 作・絵: 田代千里
出版社: 伊藤忠商事
NHKのアニメだったモリゾー&キッコロの絵本が出ると聞いて子供と本屋さんに走りましたが、その頃はまだ
あまり知られてなかったのか本屋には無く、どうしても手に入れたかったので取り寄せしてもらってやっと手に取る事が出来ました。
子供は「モリゾー&キッコロ」の愛称よりテーマソングの「ラップでダンス」の方がインパクトがあったようで絵をを見ると「ラップでダンスや〜」と大喜びでした。
内容も自然をテーマにしているので愛・地球博のキャラクターになると知ってピッタリだなと思いました。
子供達も今では色んな所に登場するモリゾー&キッコロに嬉しそうです。
当たり前の事だけど忘れてしまっている事を思い出させてくれるような、心が優しくなるお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しそう!  投稿日:2005/03/19
サボテンたちのゆきあそび
サボテンたちのゆきあそび 作・絵: 川端 誠
出版社: BL出版
雪が積もった休園日、サボテン達は外に
飛び出して雪遊びを始めます。
暖かい国出身のサボテン達が雪遊びをする
姿は何だか不思議な感じがします。
寒い中遊び過ぎたサボテン達はしもやけ
(なるの?)になってしまいます。
だから「大嵐がやってくる」でしもやけを
治しに行ったのね〜。(笑)
参考になりました。 1人

66件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット