宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カイキさんの公開ページ

カイキさんのプロフィール

パパ・30代・大阪府、男の子4歳

カイキさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う リズムが良くて、楽しめそう!  投稿日:2016/09/06
かくれん・・・ぼ
かくれん・・・ぼ 絵: 小西慎一郎
出版社: K koubo
カラフルでユニークにデフォルメされた動物たちが「かくれん・・・ぼ!」のリズムにのって飛び出してきます。普通の色彩ではなく、飛びぬけた色使いがユニークでした。大人が見ても面白い色使いだと思います。
また「かくれん・・・ぼ!」の繰り返しですが、併記されている英訳が同じ「かくれんぼ」でもいろいろな言い回しで、これもまたユニーク。子供と一緒に声を出しながら、楽しめそうです。
最後のライオンの見開きは、ど迫力でまさに色の洪水。
素敵な一冊だと思いました。
参考になりました。 3人

ふつうだと思う 絵の描き込みがすごい  投稿日:2016/09/06
ドングリ・ドングラ
ドングリ・ドングラ 作: コマヤスカン
出版社: くもん出版
まず絵の描き込みがすごいです。細かいところまで描き込んであり、画集といえばおおげさではありますが、絵だけを見ても美しさあり、かわいさあり、迫力ありで見ごたえがあります。ただ絵本にしては文字が多いので、対象年齢はかなり高めかと、、。6歳の子は内容に少しピンと来ていない様子でした。ただ絵は素晴らしいので、それを見ているという感じ。7歳、8歳になるとまた反応が変わってくるのかもしれませんが。
参考になりました。 1人

あまりおすすめしない 寝る前の1冊かと思いきや、、  投稿日:2016/09/06
おやすみ〜
おやすみ〜 作: いしづ ちひろ
絵: くわざわ ゆうこ

出版社: くもん出版
寝きかせ用のの1冊かと思いきや、逆にテンションがあがって寝てくれませんでした。使用用途を間違えたのか、寝きかせ用であれば、もう少し徐々にオチていくようなテンションであれば良いと思いました。また短いので寝るまでに至らない間に終わってしまいます。ただ絵はかわいいです。
参考になりました。 1人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本
  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット