どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

ゆゆ♪さんの公開ページ

ゆゆ♪さんのプロフィール

ママ・40代・京都府、男の子12歳

ゆゆ♪さんの声

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 1人で読めるようになってから。  投稿日:2010/03/13
ぞうくんのさんぽ
ぞうくんのさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
うちの子の場合は、”からすのパン屋さん”ぐらいのストーリーがある本を楽しんでいたので、それよりも後に買った、この本では、物足りなかった様子でした。
大きな字で、ひらがなで書いてあるので、文字に興味を持つようになって、”自分で読む”ようになったら、動物も好きなので、自分で読める本として、好きな本になるかも。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪遊びの思い出と一緒に。  投稿日:2010/03/11
とらたとおおゆき
とらたとおおゆき 作: なかがわ りえこ
絵: 中川 宗弥

出版社: 福音館書店
冬休みにスキー旅行へ行って、一面真っ白の世界で、雪の中へダイビングしたり、そり遊びや雪合戦を楽しんで帰ってきて、しばらくしてから、購入したので、そのときの思い出が手伝ってくれて、絵本の世界に引き込まれたようでした。
おまわりさんにぶつかって注意されるところでは、とらたに何が起こったのか何度も聞かれたので、「車が来るところで遊んだら危ないね」と、ちゃっかり、しつけにも使わせてもらいました。
絵も可愛くて、私も好きな一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 仕掛けがめくりやすい。  投稿日:2010/03/11
みにくいあひるのこ
みにくいあひるのこ 作: 古藤ゆず
絵: はせがわ ゆうじ

出版社: 学研
読み聞かせ始めたのは0歳児でしたが、手を上手に使えるようになると、仕掛けを自分でめくっていました。
猟犬がでてくる仕掛けを読んでるとき、リアルに犬の鳴き声を真似たら、泣かせてしまいました。。そのぐらい、聞き入ってくれました。
本自体は小さいですが、仕掛けは、本のサイズに対しては大きかったので、赤ちゃんの手でも、めくりやすかったのかな、と思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おかあさんみたいに。  投稿日:2010/03/11
あかたろうの1・2・3の3・4・5
あかたろうの1・2・3の3・4・5 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
節分の雰囲気を感じてもらおうと、この鬼の本を買いました。
あかたろうが次々とお買い物の中身をあてていき、驚くおかあさんの声を真似たりして、楽しんでいます。
うちの子はお買い物も好きなので、それぞれのお店屋さんの商品にも目がいって、お魚は特に好きなので、干物や開きの絵をさして、「これ、なあに?」と聞かれたりします。
私は、お台所や、お風呂など、お家の中の様子が、自分が小さい頃によく見かけたお家の内装みたいだなぁ、と懐かしい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 0歳児に優しい本だと思います。  投稿日:2010/03/11
ななちゃんとどうぶつさんワンワンワン
ななちゃんとどうぶつさんワンワンワン 作・絵: あらかわ しずえ
出版社: 学研
0歳から読み聞かせました。
はじめての音の出る絵本でした。
もちろん、初めは、音を鳴らすだけだったり、ページをめくったりだけだったけれど、そのうちに、お話に耳を傾けるようになり、ボタンを押すようになり、ボタンのシールの絵と、絵本の絵が同じだとわかるようになって、音が動物の鳴き声だとわかるようになりました。
なので、けっこうながく、1歳半ぐらいまでは読んでいたでしょうか。
画風も優しいし、奇抜な色もないので、赤ちゃんにいい本だと思います。
(ただ、これの乗り物版も持っているので、豚の鳴き声と、車の音がかぶってるような気が。。)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんでも押しやすい。  投稿日:2010/03/11
ななちゃんとのりものプップー
ななちゃんとのりものプップー 作: あらかわ しずえ
絵: LaZOO

出版社: 学研
どうぶつ版を持っていて、1歳になって、車好きとわかってからは、同じシリーズの、この乗り物版を渡してみました。
自宅は海から遠いところなので、実物の船を見る機会がないんですが、旅行で船をみたときに、この本で音を聞いていたので、すぐに、「ボー、ボー」と言っていて、びっくりしました。
ボタンが小さな子供の手でも押しやすいのもいいと思います。
どうぶつ版に比べて、連打されると、のりもの版の方は、うるさく聞こえてしまうのは、気のせいかしら。。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あてっこが楽しい  投稿日:2010/02/28
うしろにいるのだあれ うみのなかまたち
うしろにいるのだあれ うみのなかまたち 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 幻冬舎
魚が大好きな1歳の息子に頂きました。
「うしろにいるのだあれ?」と聞くと、指差しながら、「○○」って答えてくれるのが楽しかったです。
最後は誰が出てくるのかなと、子供と一緒にワクワクしながら読みました。
それぞれの生き物がかくれんぼしているような感じなので、その生き物の特徴もつかめるようになったみたいでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 数と曜日に興味を。  投稿日:2010/02/28
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
巷の評判と、絵本ナビでのランキングで、購入を決めました。
1歳頃から読んでいます。その頃は、他の絵本とは違う、エリック・カールの世界の配色に見入っているようで、しかけには、ほとんど反応しませんでした。
2歳になってから、しかけに反応するようになりました。
それから、あおむしが食べたものの数と曜日で、実生活での、いろんな物の数や、曜日に興味が出てきたみたいです。
食事のしつけでも、「はらぺこあおむしみたいに、いたくなるよ」と言ってみたら、わかりやすかったようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めて暗唱を。  投稿日:2010/02/28
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
息子が1歳のときに、頂いた本でした。対象年齢は4歳だったので、かなり早いな、と思いつつも、絵を見るだけでも、と思いながら読んでみました。
すると、意外にも、最後のページまで大人しく聞いていて、その集中力に驚かされました。
もっと驚いたのは、何度も、せがまれたことです。1歳でストーリーがわかっているのか、わかっていないのか、とにかく、この本が大好きなようでした。
2歳になってからは、意味がわかっているのかはわからないけれど、1部分だけですが、暗唱してました。
絵本を暗唱するなんて、初めてのことでした。
2歳半近くになると、いろんなパンに目が行くようになり、ひとつひとつパンの名前を聞かれたり、このパンが欲しいと言われたり。
朝ごはんを食べたがらなかったとき、この絵本風のパンでつったことも。
私自身も読んでいて楽しい本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お月様が大好きになりました。  投稿日:2010/02/28
ボードブック パパ、お月さまとって!
ボードブック パパ、お月さまとって! 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
読み始めたのは1歳ごろです。
いろんなふうに開くしかけが面白いなと思ったのと、いかにも、子供がおねだりしそうなことだったので、購入しました。
エリック・カールならではの色彩も、息子には、きれいな夜のイメージとなったのか、お月様を見るのが好きです。
購入したのは、ボードブックですが、定番サイズだと、もっと迫力がありました。
定番サイズとボードブックでは、本のサイズも違いますが、お値段も違ってきます。
迷われている方は、定番サイズのお値段が予算内であれば、定番サイズがお勧めです。
うちは、片付け場所の都合で、ボードブックサイズですが、それはそれで、お出掛けにも持っていけて、しかけも絵も十分、きれいです。
参考になりました。 0人

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 

全ページためしよみ
年齢別絵本セット