宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

UIちゃんさんの公開ページ

UIちゃんさんのプロフィール

その他の方・30代・福島県

自己紹介
小さい頃から絵本が大好きな大学生です(*≧m≦*)

将来の夢は、海外移住して海のそばに家を建てて
絵本専門店を開くことです(★’∀`艸)
好きなもの
・海・星・空・青いもの
・EXILE・ひまわり・写真を撮ること
ひとこと
これから、いっぱい色んな絵本を集めていきたいなぁと思ってます(e^□^e)
そのためにもお金を貯めないと。。。

UIちゃんさんの声

31件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いいにおい  投稿日:2008/12/02
チリとチリリ
チリとチリリ 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
『チリとチリリ うみのおはなし』など『チリとチリリ』以外のチリとチリリシリーズは読んだことがありましたが、シリーズの最初にあたるこの絵本はまだ読んだことがありませんでした。

森の喫茶店でもサンドイッチ屋さんもどれも、本当に絵本の中からいいにおいがしてきそうでおもわず涎が出てきそうになっちゃいました。

それに、森のホテルで行われる演奏会も楽しい素敵な演奏にチリとチリリたちが歌う元気な歌声も本当に聞こえてきそうで読者も楽しい気持ちになります。

チリとチリリの楽しくて不思議で可愛い世界にハマってみてはどうでしょうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春夏秋冬の楽しさを味わえる  投稿日:2008/12/02
カロンとコロン はるなつあきふゆ4つのおはなし
カロンとコロン はるなつあきふゆ4つのおはなし 作・絵: どい かや
出版社: 主婦と生活社
【どいかや】さんは何て春夏秋冬四季の描き方が本当に上手なんだろうと感心してしまいます。
この絵本は、そんな四季を感じられることができる絵本です。

【春】は、陽気でほのぼのとした温かさが伝わってきます。
【夏】は、お池のプールのひんやりとした気持ちよさとモモのジュースの爽やかな感じが伝わります。
【秋】は、色鮮やかな秋の景色と少し肌寒さを感じます。
【冬】は、寒さの中にもスープの温かさが心にしみてくる感じがジワジワと伝わってきます。

この絵本で【四季】ってとても美しく素敵なものなんだなと感じました。そんな【四季】を感じることができる日本に生まれて良かったとなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少女の優しさ  投稿日:2008/12/02
そらの木
そらの木 作・絵: 北見 葉胡
出版社: 岩崎書店
『カノン』を読んでから北見葉胡さんが描く絵が気に入ってしまいました。また北見さんの絵本を読みたいと思い図書館に探しに行ったらまた素敵な絵本があったので借りてきちゃいました。

ページを開いてみてビックリ。主人公の少女の名前が私と同じ【ゆい】だったのです。私の時代の絵本は、【みーちゃん】とかだったのに【ゆい】っていう今っぽい名前の子が主人公なんだなぁと思うとちょっとビックリでした笑。

それはさておき、【ゆいちゃん】の優しくて純粋な気持ちが凄く伝わってきました。それと同時に自然の生命力にも気付かされました。

【ゆいちゃん】は引っ越す前にそらの木に必ずまた戻ってくると約束します。そして何年か経って戻ってきたらそらの木は切り株になってしまいました。でも、そこには新たな芽が。そして【ゆいちゃん】が作った約束のしるしがありました。

読んだ後、心が温かさでいっぱいになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の良さ  投稿日:2008/10/22
しばわんこの和のこころ
しばわんこの和のこころ 作・絵: 川浦 良枝
出版社: 白泉社
NHKでしばわんこを観てからずっと気になっていて
図書館に行ったら、しばわんこの本があったので早速借りてきました!

我が家はどちらかというと、きちんと季節の行事ごとやっているほうなのですが、その1つ1つの行事がどういう意味を持っているのかということは正直分かりませんでした。

でも、この絵本でおせち料理にしても浴衣の柄にしても1つ1つに意味や成り立ちがあるんだなぁということに気付かされました。

それと同時に『和の心』を大事にできるそんな人になりたいと思いました。

『和』って素敵だなぁって思わせてくれる絵本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 季節の変化を感じられる絵本  投稿日:2008/10/22
ハーニャの庭で
ハーニャの庭で 作・絵: どい かや
出版社: 偕成社
大好きな《どいかや》さんの絵本の中で特に私のお気に入りの絵本です。

この『ハーニャの庭で』を読んで感じたことは
私も家の庭に出て、いろんな出会いや発見を探してみようということ。
季節によって、いろんな生き物やいろんな植物に出会えることって
とても素敵なことなのだと感じました。

この絵本を読んだ後に、ぜひとも親子でお庭を探検してみてはいかがでしょうか?
きっと素敵な出会いがあると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も行ってみたい!!  投稿日:2008/10/22
フェアリーショッピング
フェアリーショッピング 作・絵: サリー・ガードナー
訳: 神戸 万知

出版社: 講談社
こんなに可愛くて素敵な妖精のショッピング街に私も行ってみたい!
読み終わったとき、そう思いました。

こんなに賑やかで可愛いものがいっぱいあって楽しいショッピング街があったら、私なら毎日行っちゃうかも!!
それぐらい、この絵本の世界にはいろんなものがギュッと詰まっています。

女の子向きの絵本なので、男の子にはつまらないかもしれませんが
いろんなお店屋さんがあるので、男の子も一緒に自分のお気に入りのお店を見つけてみてはどうでしょうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人の絵本  投稿日:2008/10/06
にいさん
にいさん 作・絵: いせひでこ
出版社: 偕成社
この絵本はどちらかというと子供よりも大人が楽しめる絵本だと思います。

この物語は、ゴッホと弟テオのお話です。
テオにとってゴッホは特別な存在であり、ゴッホにとっても
テオは自分にとって必要な存在なのです。
とても兄弟の絆を感じる絵本です。

それに、絵本を読んでいるというよりは詩集を読んでいるような
画集を見ていうるようなとても絵本とは思えない素敵な一冊です。

芸術の秋にピッタリだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい  投稿日:2008/10/06
カノン
カノン 作: かんの ゆうこ
絵: 北見 葉胡

出版社: 講談社
読んでいてとても懐かしさを感じる絵本です。

絵も温かみがあってどこか懐かしさがあり読んでいてホッとします。
オルゴールの中の不思議な世界がとても魅力的です。
ぜひともおススメしたい一冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 優しさ  投稿日:2008/09/17
チリとチリリ まちのおはなし
チリとチリリ まちのおはなし 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
チリとチリリのシリーズを読むのはこれで2冊目。

前回《うみのおはなし》を読んだ時は、爽やかで清涼感たっぷりで
夏らしいお話しとイラストが可愛くて素敵でした。
でも、今回読んだ《まちのおはなし》は秋の優しい感じや
温もりを感じるイラストで素敵でした+(*´∀`*)+
私は特に、最後のたくさんの鳥に囲まれて夕暮れを見る
チリとチリリの場面が一番のお気に入りの場面ですd(ゝc_・。)♪

四季を感じることができるチリとチリリにとてもハマっちゃいそうです(≧艸≦*)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 感謝の気持ち  投稿日:2008/09/17
ありがとうのえほん
ありがとうのえほん 作・絵: フランソワーズ・セニョーボ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 偕成社
この絵本を読んで、どんな小さなことにでも感謝することに気付かされました。

私は特に、『まいにち いろんなことが べんきょうできる わたしの がっこう ありがとう』という部分がグッときました。
勉強なんて大嫌いだけど、確かに多くのことが学べるっていうことはとてもありがたいことで幸せなことなんだということに気付かされました。

本当にどんな小さなことでも感謝の気持ちを忘れてはいけないんだなと感じさせてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

31件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット