虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

ヨコリーさんの公開ページ

ヨコリーさんのプロフィール

ママ・40代・岐阜県、女の子12歳 男の子9歳

ヨコリーさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい きっと世界中のこどもが読んでる  投稿日:2010/07/16
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
おいしそうなカステラ、二人でむしゃむしゃ食べるまねをしたり、たまごをどうやって運ぼうか、腕を組んで考えるまねをしたり、ぐりとぐらのお歌をうたったり。娘はぐりとぐらが大好き。わたしも子どものころ、この本が大好きでした。
中国語になかなかなじめない娘に、日本語と中国語を交互に聞かせています。中国語でも出版されています。世界各国の言葉に翻訳されているぐりとぐら、オリジナルを楽しめる日本人だからこそ、是非多くの日本の子どもによんでもらいたいなぁ。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ハリー探しをしよう  投稿日:2010/07/16
どろんこハリー
どろんこハリー 作: ジーン・ジオン
絵: マーガレット・ブロイ・グレアム
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
娘と一緒に「ハリーはどこかな?」と探して遊びます。
工事現場でどろんこになるシーンは、ちょっとわくわくします。
男の子なら、トラックなんかの乗り物にも興味を持つかもしれません。

どろんこになって家族に自分だと気づかれないハリーにちょっと同情してしまいます。そんな悲しい気持ちも、こどもの学ばせてあげられるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色あそびが楽しくなる  投稿日:2010/07/16
あおくんときいろちゃん
あおくんときいろちゃん 作: レオ・レオニ
訳: 藤田 圭雄

出版社: 至光社
クレヨンで遊び始めているむすめ。
あおくんときいろちゃんが合わさるとみどりになる。
これをきっかけに、しろとあかを合わせるとピンクになると、色作りを楽しめるようになりました。

もちろん、ほんの中身もすごくいい。
抽象的な絵だけれど、色使いがきれいだし、ストーリーもわかりやすい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まっくろくろすけを思い出すよう  投稿日:2010/07/16
まっくろネリノ
まっくろネリノ 作・絵: ヘルガ=ガルラー
訳: 矢川 澄子

出版社: 偕成社
トトロ好きの娘にこの本を見せると、とたんに「まっくろくろすけ」と叫びました。
確かに、となりのトトロにでてくるあれに似ています。
なにはともあれ、娘はこの絵本の主人公「ネリノ」も大好きなよう。

ストーリーは、仲間はずれの真っ黒ネリノが、その特徴をいかして兄弟を助けるというもの。
すこし、「くれよんのくろくん」と似ているかなぁと思います。
けれど、絵本の絵は、大人も楽しめるほどきれいな色使い。
真っ暗な背景に描かれる鮮やかなネリノの家族、独特の雰囲気をつくっています。
お勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなどうぞって貸してあげたよぉ  投稿日:2010/06/01
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
本で「かして」「いいよ」を覚えた娘でも、実際はお友達とも玩具を取り合う事も多々あります。「かしてあげないよぉー」と生意気なことも言います。

この本では、友達がそらまめくんのベッドを貸してと言っても、そらまめくんは誰にもベッドを使わせようとしません。ある日、そらまめ君はベッドをなくして、困ってしまいます。そんな時、友達のみんなはそらまめ君をかわいそうに思って、「かしてあげよう」と言い出しました。

そのページにくると毎回、「みんながどうぞって貸してあげたよぉ」と喜ぶ娘です。
きっと、貸してもらえない気持ちや、貸してあげるというやさしさをこの本から学んでいるんだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい きみどりとみどり、ちゃいろとおうどいろ  投稿日:2010/06/01
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
ストーリーももちろん大好きだけれど、そのほかにもクレヨンが描く生き生きとした絵を楽しんでいます。
クレヨンがどの色も楽しそうに絵を描くし、きみどりとみどり、茶色とおうどいろの区別なんてつかなかった娘も、この本のおかげでわかってきました。
黒色のくろくんとシャープペンのお兄さんが作り出した花火の絵もステキ。
これから、きっとクレヨンや色鉛筆など、どの色も大切につかってくれるのではと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 壊れることを気にしないで、あそばせよう  投稿日:2010/05/23
おやすみなさい、ペネロペ
おやすみなさい、ペネロペ 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
ペネロペのDVDが大好きだった娘に買ったはじめてのしかけ絵本でした。

紙は丈夫なのですが、「自分でやりたい」という時期だったので、力いっぱい引っ張って破れたりした箇所もあります。最初私はそれを気にしていたのですが、娘の方は全然。壊れた所があっても引き続き楽しく遊んでいます。そんな姿を見ていたら、自由に遊ばせる方が大事かなと思うようになりました。

ペネロペをお風呂にいれたり、ペネロペに絵本を読んであげたり、ペネロペにお布団をかけてあげたりできるので、もう1年以上ずっと飽きずに読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さわって、みて、とっても楽しい!  投稿日:2010/05/23
ねずみのおくりもの
ねずみのおくりもの 作: デビッド・ペルハム
訳・編: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
これは贈り物でいただいた本でした。

「チーズが入ったビニールのかばん」、「いもむしの足の数を数える機械」、「カラフルな獅子舞の獅子」や「チュウチュウてんし」は私もお気に入り。モンスターやクモも出てくるので、男の子も興奮するかもしれません。

紙の材料を少しずつ違ったものを使用していて、触った感触が違うので、これもまたおもしろいです。

最後のびっくりばこもよくできています。

作りが複雑なので、娘が3歳くらいになればもっと喜ぶかと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悲しみに触れて、また成長したかな  投稿日:2010/05/23
やさしいライオン
やさしいライオン 作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
私が保育園の時に読んだのを記憶しています。

まだ死の意味を理解していない娘ですが、警官隊が銃でブルブルを打ったシーンを読んでいたら、「打ってはいけないのに、ブルブルは優しいライオンなのに…」と私に続いて繰り返しました。悲しい気持ちはわかるんだなぁと娘の成長を感じました。

こどもには印象深い本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わたしに似合うかしら・・・  投稿日:2010/05/18
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
「おはなもようのワンピース、わたしににあうかしら?」娘がだんだん服に興味を持ち始めたようでした。動物だったり、色だったり、ちょっとでも引きつけられるものがあると、嬉しそうに「にあう?」という。女の子らしくなったなと、とても嬉しく思いました。素朴でかわいいウサギの絵と、リズミカルな音の表現、親子で楽しい時間を過ごすことができます。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

絵本レビュー大賞、結果発表です!

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット