やだもん やだもん にこちゃんやー やだもん やだもん にこちゃんやー
作: ケロポンズ 絵: 原あいみ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おふろにはいりたくないにこちゃんが、「やだもん やだもん にこちゃん やー!」とおもしろかわいく逃げ回って…。

ニワトリサンママさんの公開ページ

ニワトリサンママさんのプロフィール

ママ・20代・大阪府、3歳 0歳

ニワトリサンママさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う こどもにとっては怖ーい本  投稿日:2009/07/08
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
保育園で読んでもらっていた本です。
暗記するくらい好きで、すらすら途中から徐々にこわーい声で読んでくれます。(先生が読んでくれたように覚えてます。)

1歳の時はまだまだ意味がよく分からなかったみたいですが、2歳、3歳になるにつれ、お話の終わり方がどんどん怖くなってくるみたいで、「おばけがくるよー」でぴゅーっと布団へもぐりこんでくれます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 何度読んでもおもしろいです  投稿日:2009/07/08
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
うちのこのお気に入りです。
親にしてみたら、バムがあっちへこっちへ忙しくケロちゃんのお世話してて大変だな〜と感心し、ケロちゃんの奔放さに「うちのこみたい。。。」なんて思える絵本です。
こどもはもちろんケロちゃんの「ぽこ、ぽこ、、、」「きゃーくさい、くさい」とおならのシーンが大好きです。
それとケロちゃんのおもちゃのシーンもずーっと眺めてても飽きないようです。
大人が見てもバムとケロのおうちのインテリア、雑貨、お菓子までぜーんぶ素敵で何度読んでも飽きません。
何度読み返しても新しい発見があります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい絵とリズムあるストーリー  投稿日:2009/07/08
おやすみ くうぴい
おやすみ くうぴい 作・絵: なかや みわ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
親にとってはとっても読みやすい本だと思います。
お話も声に出して読むのにリズムがありとっても読みやすく、子供もすぐに覚えてくれます。

子供もめくりやすいのでストーリーを覚えてからは自分で読みながら楽しんでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う トイレトレーニングにぴったり  投稿日:2009/07/08
トイレですっきり
トイレですっきり 作・絵: なかや みわ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
ちょうどトイレトレーニングがあまりすすまない時に読みました。
まさか絵本がトイレトレーニングをすすめる力があるなんて思いもよりませんでしたが、、、子供は喜んで読んでました。絵本を読み続けると「トイレってこうするのか〜。」ってなんとなく分かってくるようです。
トイレがうまく出来れば「くーぴぃーみたいだね!」と褒めてあげれば大喜びでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供もよみやすいです  投稿日:2009/07/08
3びきのこぶた
3びきのこぶた 作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店
定番のお話です。
ちょうど保育園で「3匹のこぶた」の3番目のこぶた役をしたので、もう完璧に覚えてしまいました。

テンポのいい文章で親も読んであげやすいです。

最近の童話はあえて表現を抑えたり、物語を意図的に変えてるものも多いですが、この本は最後におおかみは死んでしまいます。
私としてはこちらの方が好きです。

絵は文句なしに素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 年中、年長さんむけかな?  投稿日:2009/07/08
ともだち ひきとりや
ともだち ひきとりや 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
3歳ではまだまだ「友達とは仲良くしよう!」というお話のすべてを理解できないようです。

NHKのてれび絵本で初めて見て、親の私が絵のおもしろさに惹かれ、子供に買いました。

キャラクターも個性的でとてもおもしろいです。

年少さんになり、徐々に友達と遊ぶ、ということもできてきたので、来年、再来年の年中、年長さんになればお話が分かってくるのでは?と思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ピーマン食べれるようになるかな?  投稿日:2009/07/08
グリーンマントのピーマンマン
グリーンマントのピーマンマン 作: さくら ともこ
絵: 中村 景児

出版社: 岩崎書店
保育園で子供が借りて来ました。
今は毎日借りて帰ってくるくらい大好きです。
うちの子の中で今ヒーロー物が大ブーム。
悪者をやっつける!というお話がおもしろいようです。

ピーマンはもともと食べれたので、この本を読んで「ピーマン食べれた!」というわけではありませんが、今までよりもお野菜を食べるようになりました。

文章もとても読んであげやすいですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 野菜を食べてばいきんやっつけよう!  投稿日:2009/07/08
ピーマンマンとかぜひきキン
ピーマンマンとかぜひきキン 作: さくら ともこ
絵: 中村 景児

出版社: 岩崎書店
今うちのこのお気に入りの本の1つ。

リズム感のある文章で読むほうも楽しくなります。

「かぜ」「ばいきん」「どうしてかぜをひくのかな?」この本なら子供はとても分かりやすいともいます。
「野菜をたくさん食べてばいきんやっつけよう!」っていうメッセージが伝わりやすいですよ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 親のための絵本かな〜  投稿日:2009/07/08
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
二人目妊娠中に本屋さんで立ち読みして思わずその場で泣きそうになりました(T_T;)
その矢先、義姉よりプレゼントでこの本をもらい、家で早速子供に読んだらそのまま号泣。。。
親として、この本を読んでこれから上の子にこんなつらい気持ちをさせなきゃいけないのか?と思うと本当に辛かったです。
子供は訳も分からず私が泣くので、、、その後2度とこの本を読んで!と持ってきません。

この本を読んでもらって「楽しい」気持ちになる子供はいないと思います。ですので、子供には読んであげる必要はないかな〜というのが本心。

親として我慢させがちな上の子の気持ちを忘れさせないようにするための、親が読む絵本ですね。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 字を書くのに興味があるお子さんにお薦め  投稿日:2009/07/08
ゆうびんやさんのホネホネさん
ゆうびんやさんのホネホネさん 作・絵: にしむら あつこ
出版社: 福音館書店
「キコキコキー」ってほねほねさんが自転車に乗ってお手紙を届けます。

がいこつ、ようかい、おばけ好きのうちの子にとっては、がいこつが主人公のお話はとてもおもしろいようです。
絵はとてもシンプルな白と黒のみ。
カラフルな絵本が多い中、とても新鮮で、余計に子供の想像力を膨らませるのかもしれません。

文章もテンポよく読みやすいです。
子供が字を書くころに読んであげて、「手紙を書く」と言うのを理解するのにいいかもしれません。

最後のガールフレンドのほねこさんのお手紙がとてもかわいらしいです。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット