1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本の試し読みができます!
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。

k7さんの公開ページ

k7さんのプロフィール

ママ・40代・京都府、男の子6歳 男の子2歳

k7さんの声

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ☆子供に日本の習わしを☆  掲載日:2018/1/10
おせちのおしょうがつ
おせちのおしょうがつ 作: ねぎしれいこ
絵: 吉田朋子

出版社: 世界文化社
子供に日本のならわしである、お正月のおせちりょうりについて、教えようと思い図書館で借りてきました。

ところが子供が思ってるよりお節料理に興味がなく、食わず嫌いというか…確かに私も子供の頃お節料理ってそう美味しいな、と思いながら食べてなかったような気がするのでやむを得ずかな。

ほとんど食べてないもののことを、絵本で説明するのでそこまで興味をしめしてくれませんでした。頭の片隅にでも、お話しが残ってくれたらいいかな、という軽い気持ちで今年は読みました。また来年は違う形で、子供に日本の習わしの紹介をしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ☆確かに!あっとおどろくしかけ絵本です☆  掲載日:2018/1/10
おめんです
おめんです 作: いしかわ こうじ
出版社: 偕成社
こわ〜いオニ(のおめん)からのウシさん!・・・しろ〜いおたふく(のおめん)からのぶたさん・・・おめんの中からとびでる動物を想像するのが子供にとってはとても楽しいようです。答えが当たり!だと、なんだか誇らしげに「当たった当たった!」と喜ぶので褒めてあげます。ページをめくるたびに褒めなくてはいけないので、少し忙しく褒めるのも大変?!

おめんからはみでた手や足をみて、なにが隠れているかを想像する!そしておめんを外したときに何が登場するかを想像する!、子供にとってはわくわくする絵本のようで、早くおめんをはずさせて〜!といった具合に兄弟でおめんのめくり役が取り合いになります。

そして最後のページも結構重要で、どのおめんをかぶりたい(買いたい?)か、子供も私もそれぞれ言い合うのですが、絵本を何回も何回も読んでるのに、毎回最後のページのお面選びを真剣にさせられます。またおめんがリアルでインパクトのある絵柄だからか、なぜかお面選びもあきません。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ☆こどもたちもホットケーキづくり☆  掲載日:2018/1/10
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
幼稚園が午前保育の時はランチを準備しなくてはいけないのですが、この際お遊びもかねて自分たちでホットケーキを作らせることにしました☆

数日前から、あの大好きな”しろくまちゃんのホットケーキ”を読み聞かせして、レシピを頭に入れてもらって、いざ本番!!周りに粉をいっぱいこぼしながらも、二人の息子たちは「自分でやる!」「僕がやる!」と、一生懸命ホットケーキ作りに挑んでくれました。

このように、大きくなってから、大人になってから、ちょっとおなかすいたなあ⇒なんか家にあるもので作ってみよう。という少し面倒でもささっと何かを作ってしまえる男の人になってくれたステキだなと思いながら読み聞かせします!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくさんのこどもに、よしよしをしたくなる♡  掲載日:2018/1/10
よしよし
よしよし 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 講談社
かえるさん、にわとりさん、いぬさん、うしさん・・・そして赤ちゃん・・・が登場してこの世にはこういうものがあるんだよと認識し、単語としても覚える、そしてどんな風に声を出すのかとか泣くのかを認識する。赤ちゃんはいつもよく泣きますが、よしよしをすれば泣き止むということも学べます。絵がかわいらしく色も鮮やかなので色を覚えることができるし、たくさんの単語も覚えることができます。もちろん読んでるときはお勉強色を出すことはないのですが…

長男を出産した時に、いただいた本で、長男にとってファーストブックとなります。ファーストブックが、この本だなんてプレゼントいただいた弟夫婦に感謝です!ここから、三浦太郎さんの大ファンになり、いろいろな絵本を集めるようになりました。もちろん、友人の出産祝いにも何度も三浦太郎さんの絵本を購入させていただきました!

赤ちゃんから赤ちゃん卒業に向けて、何度も何度も読んであげたい素晴らしい絵本です。我が家のは、子供がお遊びの中でビリビリに破ってしまい、テープで修復したボロボロの絵本です。でもずーっと手元に置いておきたい大切な大切な思い出の1冊です。個人的にファーストブックだったから思い出があるし思い入れも強く、良いように解釈しすぎかもしれませんが、読んでも良い!見るだけでも良い!最高の絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐりとぐらを見習ってほしいな☆  掲載日:2018/1/6
ぐりとぐらのおおそうじ
ぐりとぐらのおおそうじ 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
12月に入って、年末に近づいてきたので、子供たちに”おおそうじ”をお手伝いしてもらおう!?と、読み聞かせをしました。日本の年末の一大行事です。きちんと子供たちにも日本の行事を教えてあげなくてはなりません!笑

このぐりとぐらシリーズの、なかがわりえこさんとやまわきゆりこさんの”絵”どの本も素敵で見とれてしまいます。そしてストーリーもいつもぐりとぐらは目の前の出来事を楽しんでしまう!、そして”考えること”を大切にしていてアイデアを出す!、ということを大事にされているストーリーなのでひとつでも多くの作品を子供たちに見てほしい!聞いてほしい!感じてほしい!と思ってしまいます。

ぐりとぐらが、春が訪れるのが近づいてきたので、窓をあけ冬の間閉め切っていた家の中を大掃除します。ですが…掃除道具がボロボロで使い物になりません。ぐりとぐらは、どうしよう・・・?!と考えに考えて、掃除道具の代用品を自分たちで作ってまるで遊びながら大掃除をします。

いつもながら、かわいらしいぐりとぐらをみて、元気をいただける本だなあと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもちのかおりとぷにぷにの感触を思い出す!  掲載日:2018/1/5
おもち!
おもち! 文: 石津 ちひろ
絵: 村上 康成

出版社: 小峰書店
息子たちは、12月に幼稚園でおもちつきの行事があり、もちごめの香りを味わって〜、ぷにぷにでびよーんとのびるおもちの感覚を経験して〜、という一日を過ごしたので、それを思い出せるような絵本だったようです。

むしたもちごめこねこねこね…という一番最初の文のところで、あーあのおもちつきの日をを思い出す!となりました。

そして、どうしても2歳という小さい子供にとっては絵からのイメージが入ってきやすいのか、びよ〜ん、ねばねばり〜ん、むにゅ〜ん、という文字と共に、もちがのびて食べてる様子を見て楽しんでいました。
もちがうさぎさんやしろくまさんの形に変身する絵は、なんだか素敵です!夢がひろがるというか創造力がひろがるというか、ほっこりとした気持ちになりました。
私の手元の絵本にも、こちらの絵を手掛けられてる村上康成さんのものがあります。他の作品も見てみたいと思うような、キュートな絵に魅了されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昔から伝わるクリスマスのお話☆  掲載日:2017/12/26
クリスマスイヴのこと
クリスマスイヴのこと 作: クレメント・ムーア
絵: アニタ・ローベル
訳: 松井るり子

出版社: らんか社
しんとしずかなクリスマスイヴのうちのなかの様子…、雪の積もったクリスマスイヴの街の様子…が、1ページ目と2ページ目に描かれていて、大人の私もワクワクするようなとても素敵なタッチで描かれていて、思わず図書館で借りようと手にしました。

話の内容は私たちが小さいころから聞かされたようなシンプルなストーリー。だからこそ子供たちに読み聞かせたい!
訳者の方のおはなしでは今の陽気なサンタクロースおじさんのお話しに定着するまでには、さまざまな怖いサンタクロース像のお話しが存在していたようで、このような外国から伝わるサンタクロースのお話しって”サンタクロースが妖精?”とか、ちょっぴり陽気な感じの書き方とか興味深いです。

6歳の子供は”サンタクロースがお願いしたおもちゃを持ってウチに来てくれる!”と思い始めるお年頃、
2歳の子供は、サンタクロースの存在だけ認識しはじめたお年頃、
という二人の息子たちにに読み聞かせましたがどう感じているのだろう。
2歳の子供は、ワクワクしながらお話しを聞いてくれていました☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クリスマスが近づいて来たら読みたい本  掲載日:2017/12/25
バスでおでかけ
バスでおでかけ 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
男の子ならバスでおでかけすることが大好きな子が多いと思いますが、長男(今は6歳)が2.3歳ころ、バスでおでかけするのが好きだったころから読んできたお話しです。

バスの行先はどこなんだろう?と、一緒にワクワクしながら読むようこころがけていたものの、何度も何度も読んだ本なので、長男は先回りして、
ここにキラキラひかったモミの木があって、あそこのおうちで(実際はレストランの設定?)、デナー(ディナー)が食べられる〜といった感じで、
「僕はこの先の展開しってるよ!」という感じで誇らしげに説明をしてくれます。

それくらい、小さいころから何度も読みました。
秋から冬にかけて寒くなってきたころに、クリスマスの前に読むと、ほっこりするお話しです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ノンタンばんがるもん!のせりふがお気に入り☆  掲載日:2017/12/24
ノンタンがんばるもん
ノンタンがんばるもん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
どのシリーズも単純なストーリー展開で2歳の子供には話に入りやすいようです。長男もこのシリーズが好きで何度も何度も読まされました。

言わずと知れた子供の人気絵本ノンタンシリーズは、我が家の場合は絵の細かい部分まで見ながら、読み進めていきます。

ノンタンが注射をするシーンでは、注射に”くじら””ぞう””かば”…の絵が描かれています。それをひとつずつ「これはぞうさん用の注射だね〜」などとチェックしていったり、
ノンタンが治療が終わった後のベッドでニコニコしてるシーンでの、ベッドサイドに”ノンタンがんばるもん”の本が置いてあるのを、「同じ本だ!」と言ってみたり

ノンタンシリーズの絵本は、ストーリーの中の絵に、遊び心が盛り込まれているので、どの本も子供と1ページ1ページ読むこと絵を見ることを楽しんでいます。

最後に個人的なことですみません。  次男が”ノンタンばんがるもん!のセリフが好きなようですが、がんばる⇒ばんがると言い間違えてるのに、一生懸命、読んでる私にはもろうとするのがかわいくて・・・記録として残させてください。すみません。。。。。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 実話が元の鈴木まもるさんお絵本  掲載日:2017/12/24
はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ
はしれ ディーゼルきかんしゃデーデ 文: すとう あさえ
絵: 鈴木 まもる

出版社: 童心社
東北の大震災の実話を元で、鈴木まもるさんが描かれた絵本とのことで、興味を惹かれ手にしました。
子供にとっては少し難しいかな、と思いつつ、私が読んでみたいと思い図書館で借りてきました。

長男は震災の年に生まれ、震災の日はまだおなかの中でしたが、夜な夜な私はテレビで流れてくる震災被害の状況を見ていて、唖然とするばかりでしたが、東北へ輸送ができなかったことはよくよく覚えています。

電気などが途絶えた中、やはり活躍したのは、力持ちのディーゼル機関車。(鈴木まもるさんのせんろはつづくシリーズで得た知識です!)
皆が知恵を出し、東北の人たちを助けようとした実話を子供たちにも絵本を通して伝えられたらいいなと思います。

もう少し時間はかかると思いますが、読む回数を重ねて、大きくなる中で少しずつ他の絵本なども利用しながら、震災の出来事を教えてあげたいものです。話も絵もすごく素敵な絵本でした。
参考になりました。 0人

13件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット