アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ベビーmaoさんの公開ページ

ベビーmaoさんのプロフィール

パパ・40代・沖縄県、女1歳

ベビーmaoさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 知らないところで・・・。  投稿日:2008/12/30
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
1歳半の娘がいます。
いつか、娘に読み聞かせしたいと購入した絵本です。まず、夫婦で読みました。2人で感動!

赤ちゃんが生まれて、お姉ちゃんになった主人公の心の成長が手にとうりょうに伝わってきます。そして、じ〜んとくる。大人の私が何度も繰り返し読みたくなる絵本です。子どもの心をのぞいてみたい!そんな方におすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 妻へのプレゼント  投稿日:2008/12/30
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
毎日、1歳半の娘の育児に追われている妻へのプレゼントとして購入した絵本です。読み終えた後、妻は、目に涙を浮かべていました。(何も語りませんでしたが…)

私は、この絵本のお母さんと妻を照らし合わせ、こんな気持ちで育児をしている世のお母さんたちの偉大さに改めて、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

これから、お母さんになる方、育児に行き詰った方、子育てを一段落された方…一度、読んでみてください。この絵本で、子育てしている時間のすばらしさを実感されることでしょう。
参考になりました。 8人

ふつうだと思う 微妙です  投稿日:2008/12/30
あっちゃんあがつく たべものあいうえお
あっちゃんあがつく たべものあいうえお 原案: みね よう
作: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
絵本好きが高じて、人に勧められた絵本はなるべく購入するようにしているのですが、大半はヒット!でも、この絵本は微妙…。

1歳半の娘には、まだ早いと思い、知り合いの子ども(5歳)に読んであげると、リズミカルな文章にコミカルな絵にとても反応がよく、楽しんでいる様子。

しかし、絵本である必要があるのか!?という疑問が残ってしまいました。カルタやカードなどでも同じかな?などと思ってしまったから。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これが娘と私のファーストブック  投稿日:2008/12/20
ちいさなうさこちゃん
ちいさなうさこちゃん 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
寝てばかりいた新生児時代。たまに起きている時にベッドをのぞくと笑いかけてくれた娘。夜、寝る前の(私が)日課にと、絵本を読んでみようと思い、妻が用意してあった数ある絵本から表紙がかわいいというだけで選んだ絵本。読み始めると、以外に文章が多く苦戦!(だって、はじめての読み聞かせ…今更ながら反省するが、この時、練習もしていなかった)でも、娘は私の顔と絵本とを交互にみながら笑っていた…。たぶん、ブルーナさんの色使いに助けられていたのだろうな。今思うと、ずいぶんと大胆なことをしてしまった…。が、これが娘と私のファーストブック★1歳5ヶ月となった娘は、この絵本が大好きで毎日本棚から取り出してくる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 待ってました!  投稿日:2008/11/05
新装版 にらめっこ
新装版 にらめっこ 作・絵: 杉田豊
出版社: 講談社
1歳の娘が図書館でみつけた絵本!表紙のだるまさんの顔が印象的で目をつぶっていても思い出せる程デス。杉田豊さんの言葉が載っていましたが、当初は、動物たちの顔を正面でとらえた情景を描きたくて、個々の作品を制作したことが発端で出来た絵本だそうです。作者自ら『にらめっこ』してかきあげた絵なので、リアリティーがあります★1歳の娘も自分で何度もページをめくっては、この絵本の世界に引き込まれています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にこにこ笑顔になれる絵本!  投稿日:2008/11/03
くっついた
くっついた 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
1歳の娘がいます。娘が0歳の頃から頬と頬を寄せて「くっついちゃった〜」とやる遊びを繰り返していました。娘のお気に入りの遊びになっていて、1歳になるころには自分から頬を寄せて「くっついちゃった〜」の遊びをねだってくる程になっていました。また、就寝前の絵本タイムが毎日の日課となっていたある日、娘が絵本棚から『くっついた』という絵本を持ってきたではありませんか!(←妻が購入)読んでいくうちに娘はにこにこ笑顔、私も同じくにこにこ笑顔!ラストのページに“おとうさんもくっついた”とありますが、絵本の中に自分が登場してきたようで、嬉れし恥ずかし…そんな気持ちになりました。娘の存在が、この絵本のすばらしさに気付かせてくれたような気がします。我が家の大切な1冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 「ぷははは」と笑う娘  投稿日:2008/11/03
あっぷっぷ
あっぷっぷ 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: ひかりのくに
「あっぷっぷ」は、絵本より先にわらべ唄遊びで体験していました。初めて、この絵本を読んであげた時、声をあげてゲラゲラ笑う1歳間近の娘。大変なお気に入りの絵本となり、日に何度も何度もせがまれ、繰り返し読み聞かせていくうちに、娘の日常の笑い方もこの絵本と同じ「ぷははは」になってしまいました。この絵本のお陰で、日常生活の中の笑いが増えたような気がします。
参考になりました。 0人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット