へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

はるこのんこさんの公開ページ

はるこのんこさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女2歳

はるこのんこさんの声

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
あまりおすすめしない それで?  投稿日:2010/11/08
ルルちゃんのくつした
ルルちゃんのくつした 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
いただいたお古の絵本なんですが・・・。
読んだ後・・・それで?・・・どうなったの?という内容です。
考えさせる内容ではなくて・・・読んでからちょっと不快感が残る絵本です。
靴下をなくしたルルちゃんのお話ですが結局みつからないまま終わりです。なんだかちょっと寂しい内容です。

自分では買わない絵本・・・かな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズム感のある絵本  投稿日:2010/11/08
子ども版 声に出して読みたい日本語(1)――どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治
子ども版 声に出して読みたい日本語(1)――どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治 作: 齋藤 孝
絵: 下田昌克

出版社: 草思社
1歳半ころから何でも真似っこする娘に実母からのプレゼントでもらった絵本です。
子ども版声に出して読みたい日本語を大きな声で読むと耳で聞いてしっかり言葉を発する姿がとっても印象的でした。
11個の物語があり、中でも『どっどど・・・』は覚えやすいのかよく口ずさんでいます。

大きな声で呼んであげることで宮澤賢治ワールドが広がります。
私にとってはストレス解消できる絵本です。
大きな声で読むのもいいですよ〜。
参考になりました。 1人

あまりおすすめしない え?  投稿日:2010/11/08
あーんあん
あーんあん 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
これもいただいたお古の絵本。
保育園にいくのはいいけどママとお別れするのはいやっていう内容で。
保育園や幼稚園に行くのにママとお別れしなくちゃいけないってことを小さいうちからこういう形で理解されると・・・ちょっと嫌だなぁと思います。
主人公の男の子が泣いて。お友達も泣いて、みんなで泣いて海になって
・・・。みんなお魚になっちゃうんです。お母さんがあみをもってきて助けてくれるでしょうっていう内容です。

なんだか・・・大人の私が読んでもしっくりこない内容です。
短い文だけど何を訴えたいのかわからない内容だと思います。

これも自分では買わない絵本です。もらい物なので読んでますが。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 数字に興味をもった、是非!  投稿日:2010/11/08
あかたろうの1・2・3の3・4・5
あかたろうの1・2・3の3・4・5 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
1歳半の時、いただいたお古の絵本です。
電話や数字に興味があるお子様ならとっても面白いと思います。
鬼の子の家も人間と同じような家でとってもリアルです。

外から帰ってきた鬼の子がお母さんを探すところから始まります。
部屋中探しても居ないのでおばあちゃんちに電話をかけて・・・。
その後行き先に電話をかけていくとお母さんが帰ってきます。
行く先々に電話をしたのでお母さんが何を買ったのかもわかりおかあさんはビックリします。
でもそれは家族みんなが大好きなカレーの材料でした。
最後はおいしそうな夕食で、ほっこりする絵本です。

おしゃべりが早かった影響で電話でばぁばと話すことが楽しくなってきたころにもらった絵本でした。数字にも電話にも興味がわく絵本です。
どこか懐かしい背景がとっても印象的です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ・・・ただいま・・・  投稿日:2010/11/08
ただいま いわないもん
ただいま いわないもん 作: 内田 麟太郎
絵: みやざき ひろかず

出版社: 金の星社
1歳半頃読みきかせをして2歳になる前に自分で物語を覚えて一人で読んでいます。

クマのくーくんがだまってかえってきてお母さんがただいまは?と尋ねるところから物語が始まります。
するとくーくんはいわないもんっとツンとするんです。
そして涙を流します。
おばあちゃんがだっこしてくれたりおじいちゃんがお土産を買ってきてくれたり、おとうさんがあたまをなでてくれたり。
みんな帰ってきたからドアの鍵を閉めようとしたらくーくんがなくしたおもちゃがただいま〜って大きな声で帰ってきます。くーくんは大きな声でおかえり〜っていうシーンで、娘もくーくんと同じようにお目目をまあるくして喜んでました。
大切なものが帰ってきたので、くーくんはお母さんにちいさな声でただいまっていうんです。

内容はそんなにパッとしにくいのですが、絵がとってもやさしくて好きです。

ショベルカーやダンプカーのお話ですが女の子にもお薦めできる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お休み前に☆読みたい  投稿日:2010/11/08
おふとんかけたら
おふとんかけたら 作・絵: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
絵本が大好きな娘へ2ヶ月に一度絵本を買っています。

寝ることも大好きな娘。ぐずることなく眠くなるとお布団で寝たい!って言います。
お布団に色々なものがねてお布団をかけるとどうなっちゃうか・・・その展開がとってもユニークな絵本です。

寝るのがとっても楽しくなるような内容です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 出前って大変なんだな〜。  投稿日:2010/11/08
ふしぎなでまえ
ふしぎなでまえ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
1歳半〜読み聞かせています。2歳なる前から一人で読んでます。
出前ってなあに?きょとん顔の娘が終始目を輝かせながら聞いていた絵本です。
おままごとに興味がでたら是非☆
おいしそう〜って裏表紙をみては口ずさんでいます。

主人公はさつまさんとじゃがさん。(さつまいもとじゃがいも)
出前を頼んだのに予想外の展開が待ち受けています。
出前の大変さを実感できる一冊です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ほっこりするお話です  投稿日:2010/02/21
もくもくやかん
もくもくやかん 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
1歳半にこの本を読み聞かせたところ1歳8ヶ月から自分で物語を覚えて一人で絵本を読むように。
やかんが織り成す心温まる物語です。
いろんな種類のやかんが力を合わせて一つのことを成し遂げるお話です。
まずは体操をしてみんなで息を合わせて取り掛かるところは娘も一緒に力を合わせやってくれます。
絵がとっても可愛いのと文字が少ないのにしっかり物語りになっているところがお気に入りです。

たまたま本屋さんで見つけた絵本ですが本当に面白いですよ〜。現在2歳3ヶ月、ほぼ毎日読んで私に聞かせてくれます。
参考になりました。 0人

8件中 1 〜 8件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット