となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ふわふわヒマワリさんの公開ページ

ふわふわヒマワリさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男5歳 女3歳

ふわふわヒマワリさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子どもを授かることの意味を改めて・・  投稿日:2011/01/08
たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと
たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでの こと 作・絵: サンドラ・ポワロ=シェリフ
訳: おーなり由子

出版社: 講談社
パパとママが出会い、子どもを授かり、育てていく・・
そのシンプルな過程を、動物たちのかわいらしい姿と、心に響く文章とで進んでいく1冊です。
「どうして、人は子どもを産むのだろう? 
どうして、こんなに子どもはかわいいのだろう?
わたしって?」
子育てや、家事なので、疲れていると一瞬そんな疑問が湧いてきてしまいます。。そんなときにこの絵本に出会いました。

子どもを授かることのシアワセ・・を実感すると同時に、
親が子どもを大切に愛おしく育てていく姿に・・涙がでてしまいました。

お子様に「君が大好きだよ。大切なんだよ」と言葉や行動にだせない親御さまには、とてもおすすめな一冊です。少し長めのお話なので、読み聞かせの場合は幼稚園児以上がいいかもしれません。小学生へのプレゼントにも最適。

生まれてきてよかった・・  と子どもたちに思ってもらえたら、シアワセですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっと疲れているママにおすすめです!  投稿日:2010/03/06
スーパーマンその他大勢
スーパーマンその他大勢 作: 谷川 俊太郎
絵: 桑原 伸之

出版社: 自由国民社
以前から谷川俊太郎さんのファンなため、すぐに購入。「生」をテーマにするときの谷川さんとは違って、不思議な世界に引き込まれるようなファンタジーチックな詩集です。子どもに読み聞かせるというよりは、子育てに疲れたママがちょっと、心を休ませるために読む・・そんな使い方がおすすめかもしれません。
これを機に、桑原さんの絵も好きになりました。ちょっと不思議な体型をした主人公が多いのですが、それがとっても魅力的。クスクスッと笑ってしまうページもあれば、ちょっとしんみりしてしまうページもあったり。詩を読まなくても、絵を見ているだけでも現実から離れ、ふわっとした気持ちになります。いろんなことで疲れたときは、自分の時間をちょっとでも作ることが一番。ぜひ、この1冊でリフレッシュしてみてはいかがでしょう!子育て中のママの味方より。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も楽しめる生き物絵本。おすすめです!  投稿日:2010/03/06
あぶないいきもの 野外の危険動物、全ご紹介。
あぶないいきもの 野外の危険動物、全ご紹介。 作: 今泉 忠明
絵: 資料画家 平野めぐみ

出版社: 自由国民社
5歳の息子が動物好きなので、気になって購入してみました。絵がとてもリアルで本物のよう。真剣に見いってる息子をみて「怖くないのかな〜」と不思議ですが、それだけ引きつける魅力があるのでしょう。字はもちろんまだ読めないので、簡単な表現にして説明してあげます。わかってるんだか、どうなのか? でも、おとなしく聞いてくれるので、時間があれば読んであげます。(私に余裕がないときは、ペラペラ一人で楽しんでいるようです) 
夏には必ず海水浴に行くので、「あぶないいきもの」について私も詳しくなってよかったです。知っているようで知らない生き物がたくさん掲載されています。大人も楽しめる図鑑のような「生き物絵本」。とてもおすすめです!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 包丁を持たせることが不安なママ・パパへ  投稿日:2009/06/24
親子のじかん 02 こどもとおぼえる包丁の使い方
親子のじかん 02 こどもとおぼえる包丁の使い方 編: 包編集室
出版社: 自由国民社
私自身、料理がとても好きで、ぜひ子供にもお手伝いしてもらいたいなあ〜と思い、購入しました。3歳のムスメは台所でいつもうろちょろしているので、なんとなく「料理」に興味を持っているのかもしれません。最初から、「包丁」を持たせてしまうには少し・・いや、かなり心配があるので、どうしようかな〜と悩んでいたところ、この本と出会いました。イラストが大きくて、絵本のように読み聞かせできるので、興味を持たせる導入としてはとても役立っています。子供だけでなく、大人の私にもやさしい本です。魚のさばき方が丁寧に載っていて、参考になりました。「包丁」を持たせてみたいけど、どうも心配だ・・といったママ・パパにおすすめの1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供といっしょに月見だんごを作りました!  投稿日:2009/06/24
親子のじかん 01 こどもとはじめる季節の行事
親子のじかん 01 こどもとはじめる季節の行事 作: 織田 忍
出版社: 自由国民社
「親子のじかん・包丁の使い方」という本を購入しとても役立ったので、同じシリーズのこちらの本も購入しました。日本の文化、行事についてわかっているようで知らないことがたくさんあることに気づかされました。9月のお月見の解説では、「月見だんご」のレシピが載っていて参考になりました。子供といっしょに作ることができたので、まさにタイトル通り“親子のじかん”を満喫! 読み聞かせにはちょっと難しい内容かもしれませんが、大人がこれを読んで、子供たちに言葉で伝えていくには便利な1冊です。ひなまつりの解説では「ひな人形の飾り方・しまい方」が載っていて役に立ちました。子供が小学校に入ったら、この本を渡して愛読書にしてもらおう!なんて、今から考えています。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット