もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あみmamaさんの公開ページ

あみmamaさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子12歳 女の子10歳

あみmamaさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 原発や平和について考える機会  投稿日:2012/11/23
トビウオのぼうやはびょうきです
トビウオのぼうやはびょうきです 作: いぬい とみこ
絵: 津田 櫓冬

出版社: 金の星社
年長の娘が保育所のビデオ上映会で見て、
その話を聞いて興味を持ったので絵本を借りて帰りました。
私自身は恥ずかしながらこの絵本の存在を知りませんでした。
水爆のニュースは勿論記憶に有りますが…

あらすじは娘に聞いていたので
大体の予想はしていましたが
読んでみてやっぱり悲しくなりました。
子どもを持つ母親であればとびうおの母さんに共感しない訳はありません。
福島の地震による原発事故の後なので
尚更なのかもしれません。
被爆した家畜やペットが置き去りにされたり
処分されるニュースを思いだして
当時の何とも言えない気分を思い出しました。
絵本を手にしたお陰で私自身も
原発の必要性を考える良い機会になったと思いますし
子どもの心の中にも何かしらの記憶に残り、
いつか原発や平和について考えてくれる事を願います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぷーぷーららら …て(笑)  投稿日:2012/09/06
わにわにのおふろ
わにわにのおふろ 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
最近、3歳の娘が突然
ぷーぷーらららぷーぷーらららと
歌うようになったので
何の事かと思ってたんですが
先日この本を保育所で借りて来て読んで
ようやく謎が解けました。

表紙の絵は版画のせいか
顔はリアルであんまり可愛くないし…
内心どうなん?なんて思ったんですけど。

読んでみるとおもしろい!
わにわにの行動が顔とは正反対に
すごくかわいらしい。
あと擬音?て言うんでしょうか、
ぐにっ とか ずるっ とか
妙にリアルで大人も笑えます。

娘のお気に入りフレーズはやっぱり
ぷー ぷー ららら ぷー ららら
コドモ心をわしづかみしたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キツネさん、なかなかの知恵者です  投稿日:2010/08/21
ともだち ひきとりや
ともだち ひきとりや 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
図書館に行った時に
「保育所にこの本あるよ」
そう言って娘が持ってきました。

ぱらぱら捲ると、特徴のある色使いでとっても素敵な絵
よく見ると挿絵は降矢ななさん!
『どんぐり、どんぐり』で私も好きになった人だったので
娘はもう読んだことがあるみたいでしたが
一度借りてみることにしました。

一緒に読みながら、どうして?なんで?と色々質問攻めでしたが
その度にこうじゃないか、ああじゃないかと
私なりに解釈して伝えると、何となく納得した様子でした。

私自身は仲直りの仲介をするキツネとオオカミの知恵に
なるほど、そういくか!笑と思わず心の中でつっこんでましたが
この絵本を通していつもそばにいる仲良しのお友達の大切さについて
子供なりに気がついてくれればなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供ってすごい!  投稿日:2010/08/21
復刻版 ちいさいモモちゃん1 おばけとモモちゃん
復刻版 ちいさいモモちゃん1 おばけとモモちゃん 作: 松谷 みよ子
絵: 中谷 千代子

出版社: 講談社
大人が読むと突っ込みどころ満載な内容ですが…
子供は全く何の疑問も抱かずに素直に読んで
素直に反応してくれました。
モモちゃんの台詞や反応(全く怖がらない所)が
とても気に入っているらしく
台詞を暗記して繰り返し読んでくれます。
「お化けなんて怖くない、面白い、会ってみたい」
そんな気にさせてくれる本のようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけ好きな年頃?!  投稿日:2010/05/10
おばけのばむけ
おばけのばむけ 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 教育画劇
そういう年頃なのか?
最近おばけの出てくる本が特に気になるようで
おばけの本ばかり探しています
そんな時に図書館で見つけた一冊です

表紙の絵を見てもらえばわかる通り
おばけとはいってもどこか愛嬌があって
のほほんとした可愛らしいお話でした

お話を読みつつ挿絵を一緒に指さして
それについての話をしながら読むと
セリフにはない色んな単語を覚えたり
更にイメージがふくらんで楽しいようでした
お陰でまだ字が読めない娘でも
絵だけでしっかりと内容を記憶して
ちゃんと順にページを捲って
私にお話を読み聞かせてくれたりもしました

何気なく手に取った一冊でしたが
中々良かったと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めて♪  投稿日:2009/12/18
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
本好きになって欲しくて、今までは「これなんかどう?」と私から勧めることが多かったのですが、初めて自分から「これ!」と言って手に取った本でした。読んでみると内容がとてもシンプルでわかりやすくて、しかも絵もちょっととぼけたような顔が可愛くて、ピンクとグリーンがの色が鮮やかで良いです。きんぎょがにげるのを追いかけて探すだけなんですが、”繰り返し”を喜ぶ子供にとってはその繰り返しの回数も丁度いい感じに満足なようですし、きんぎょが隠れている場所を親子で「どこかな〜?」とあてっこして遊んだりも出来ます。まだ字が読めないので一人では読めませんが、思い出したように取り出しては一緒に読んでとせがまれます。オススメの絵本です!
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット