おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>

テーマの検索結果

現在の検索条件

7歳

99件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

クリスマスに読みたい絵本

クリスマスプレゼントには絵本をー。 大人になった今でも、この日が近づいてくると何だかソワソワしてしまいます。年に一度の大イベント、クリスマス。 この日を楽しむために、気分を盛り上げてくれるクリスマス絵本はたくさん出ています。ワクワクするお話、静かなお話、サンタの秘密、そしてクリスマスの物語などな…

ちゃんと読みたい!日本の昔話

昔から語り継がれてきた民話のひとつ、昔話(むかしばなし)。勇ましいお話、笑えるお話、ちょっぴり怖いお話まで内容は様々ですがどれも秀逸なストーリーばかり。話して聞かせてもらって楽しむのもお勧めですが、画家が物語の世界を個性的に表現してくれている絵本版もとても魅力的!子ども達に鮮烈な記憶を残すのではない…

初心者でも安心!定番読み聞かせ絵本

「初めての読み聞かせ、何を読んだらいいの?」「読み聞かせに挑戦してみたい!」 そんな方のために、長くおはなし会で愛用され、子ども達に喜ばれてきた定番絵本 を集めました。まずはこの中で、対象の子ども達の年齢に合ったもの、読み手自身が 面白いと思う作品、読み手の声に合った作品という観点から、読みた…

ともだちって何だろう?

『「ともだち」ってどうやってつくるの?』・・・なんて聞かれても即答できる人は少ないかもしれませんね。 だって「ともだちになるきっかけ」なんて、みんな全然違う。だからこそ、こんなに沢山の絵本が出来上がったのでしょう。 その他、「ともだち同士の付き合い方」「けんかの仕方」「ともだちを思いやる方法」。…

節分・おにの絵本

 2月3日は「節分」の日。 「おにはそと ふくはうち」みんなで豆をまいて、年の数だけ豆を食べて。その後は、鬼が活躍する絵本を読んでみましょう! でも、昔話や絵本の中の鬼は怖いだけじゃないようで・・・。心優しい鬼、寂しがりやの鬼、気のいい鬼。「鬼はそと!」と、単純に追い出すだけでいいの?なんて思い…

「絵本から童話へ・・・」幼年童話特集

「幼年童話」という基準も曖昧なんですが、ここでは絵本から読み物の橋渡し・・・と考えて以下の条件をつけて選んでみました。 ・絵がたくさん入っている。 ・字が大きくて読みやすい。 ・文章は少なめのものが多いが、長いものについては大人が読んであげることで楽しめる。 ・サイズは絵本よりも小さく読…

ハロウィーン、かぼちゃの絵本

最近はすっかり子ども達の大好きな行事として定着してきた「ハロウィーン」。 かぼちゃの飾りつけも魅力的ですが、何といっても楽しいのは仮装パーティーですよね。 絵本にも「ハロウィーン」をテーマにした絵本がたくさん登場しています。 「これさえあれば、ハロウィーンはばっちり!」というものから、かぼちゃ…

新一年生に贈る絵本

いよいよ春から小学生。「小学校ってどんなところだろう?」「ともだち作れるかなあ?」期待と不安が混ざってドキドキしているはず。 学校に行くのが楽しみになるような絵本を集めてみました。 入学準備に、お祝いに選んでみてくださいね。

たなばたの絵本

 7月7日は七夕の日。大きな笹に飾りをいっぱいつけて、願い事を書いた短冊をつけて。夜は空に天の川を探して・・・。 一年を通しても楽しい行事の1つです。そして七夕の行事の由来には織姫と彦星の切ないおはなしも。飾りつけをした後は静かに物語を味わってみてください。今年は天の川が見れるかな・・・。

グリム童話の絵本

ドイツのグリム兄弟によって収集された民話から生まれた「グリム童話」の数々は、今も世界中で読み親しまれています。「シンデレラ」、「ヘンゼルとグレーテル」、「白雪姫」、「ブレーメンの音楽隊」など誰もが一度は耳にしたことのある物語ばかり。数多くの絵本版も出版されています。それぞれの絵の世界を見比べてみるの…

言葉遊び絵本

日本語って面白い!そう思えたら幸せですよね。そんなに固く考えなくても、楽しくて遊びながらことばと親しめる絵本がこんなにあります。創作ことば、しりとり、回文、早口言葉、ことわざ、駄洒落・・・言葉の可能性を最大限に生かした絵本。どれも声に出して読んで気持ちが良い、そして理屈抜きで楽しめ、笑って読み終わっ…

「きもち」を考える絵本

「ぼくは、なんで腹が立つんだろう・・・?」 「あの子は、どうしていつも泣いているのかな?」 「うちの子は、毎日 いやだいやだと反抗するの。」 「どうやったらお友だちになれるのかな。」 自分の気持ちを考えること。 人の気持ちを考えること。 この想像力があるだけで、人は大きく変わるのかも…

「死」と向き合う絵本

 大切な人やペットとの死別、その悲しみの深さは当人にしかわからないもの。そしてどうやって向き合えばいいのか、これは大人も子供も関係なくわからないのです。 それは突然誰にでも降りかかる事なのです。絵本で全てを癒す事はできないでしょうが、気が付かされる事がたくさんあります。「死」というテーマを考えると…

お正月に読みたい絵本

一年の始まりの行事「お正月」。 行事の由来、お正月のお祝いの様子、遊びなどが紹介されている絵本。 お正月が出てくるお話、おもちつきのお話などを集めてみました。 昔ながらのお正月を過ごす家庭も、なかなか少なくなってきているとは思いますが、絵本の中だけでも体験しておきたいものです。

どんどん揃えたい!読み物シリーズ(低学年)

絵本から読み物への大事な移行期となる低学年の読書で大切なのは、まず、お気に入りの1冊に出会うこと。お気に入りのお話や大好きな主人公を見つけることができたら、そのまま同じシリーズの本を読み続けてみましょう。続きのお話を夢中で読んでいるうちにいつの間にか読書の力が身についてしまう、そんな低学年の読書の味…

「運動会で大活躍!」特集

かけっこ、リレー、玉入れ、つな引き・・・。勝っても負けても頑張った記憶は残りますよね。絵本は運動会の苦手な子も応援してくれます。 運動会の絵本をあつめてみました。

2017年 読書感想文・課題図書

夏休みの宿題の定番といえる読書感想文。課題図書のラインナップを見るといろいろな本が選ばれていて楽しそう。でもいざ書くとなると、どの本でどう書くか悩みの種になっている子も多いのでは!? 感想文を書く時に一番重要なのは、ずばり本選び。ポイントは、最後まで読み通せる好きな本を選ぶこと!表紙を見てぱっと直…

99件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  次へ→  最後のページ

大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット