話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  幸せのかたちが違ったとしても 『あかいてぶくろ』【NEXTプラチナブック】

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2021.12.15

  • twitter
  • Facebook
  • line

幸せのかたちが違ったとしても 『あかいてぶくろ』【NEXTプラチナブック】

絵本ナビがおすすめする「NEXTプラチナブック」(2021年11月選定)から、ご紹介する一冊はこちら!

ちびちゃんの手をふんわり包んでくれる赤いてぶくろのみぎとひだり。ちびちゃんは、そのみぎをなくしてしまい……。毎月発売される新作絵本の中から、絵本ナビが自信をもっておすすめする「NEXTプラチナブック」。今回ご紹介するのは『あかいてぶくろ』。縫い目のひとつひとつまで目に飛び込んでくる、魅力的なその表紙。どんな内容なのでしょう。

NEXTプラチナブックとは…?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、レビュー数、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

そして、毎月発売される新作絵本の中からも、注目作品を選びたい! そんな方におすすめするのが「NEXTプラチナブック」です。3か月に一度選書会議を行い、「次のプラチナブック」として編集長の磯崎が自信を持って推薦する作品を「NEXTプラチナブックメダル」の目印をつけてご案内します。

幸せのかたちが違ったとしても 『あかいてぶくろ』

青い空、白い雪、そして真っ赤なてぶくろ

  • あかいてぶくろ

    みどころ

    あかいてぶくろのみぎとひだりは、いつも一緒に出かけます。ちびちゃんの小さな手が冷たくないように、ふっくらふんわり包みます。

    ちびちゃんが雪だるまを作れば、そっと力を合わせて手伝い、夜になればストーブの前に並んで、また明日ちびちゃんのためにふわふわでいてあげることを約束するのです。

    ところがある日、ちびちゃんはみぎのてぶくろをなくしてしまいます。通ってきた道を探しまわるのですが、どこにも見当たりません。離れ離れになってしまった、みぎとひだり。今頃どうしているだろうかと、お互いを思うのですが……。

雪の中、道の途中に落とされてしまったみぎのてぶくろ。うさぎのおかあさんにひろわれて、ポットカバーとして使われたり、こうさぎの帽子になったり。のねずみたちはふとんとして使い、やがてリスの大事なセーターとなるのです。

ちびちゃんの手をつつんでいる時も、雪の中で埋もれそうになっている時も、こうさぎやのねずみたちを温めている時も、その存在感を放ち続ける真っ赤なてぶくろ。少しずつほつれていくけれど、決して悲しい気持ちに覆われてしまわないのは、それぞれの場面を丁寧に繊細に、そして愛らしくも温かく描いてくれているからでしょうか。

青く晴れ渡った空の下、まだまだ雪が残る白い景色の中ですれ違う、真っ赤なひだりのてぶくろと、セーターとなったみぎ。なんて清々しい場面なのでしょう。読み終わってみれば、ちびちゃんも、みぎもひだりも、なんだか頼もしく見えてくるのです。

幸せの形はそれぞれ。たくさんの人たちの心を包み込んでくれそうな、素敵なあかいてぶくろのお話です。

編集長のおすすめポイントは……

一緒に過ごしてきたふたりだからこそ

たくさんの魅力的な場面が続いたあと、それでもやっぱり心に強く残るのは、みぎのてぶくろとひだりのてぶくろがすれ違う瞬間。かつて、ちびちゃんの手を一緒に包みこんできたふたりだからこそ、一目見て、お互いがそれぞれ充実した時間を過ごしていることがわかるのでしょうか。この美しく丁寧に描かれた物語を味わいながら、子どもたちの心に「道は一つではないのだ」ということを、印象的に伝えてくれているようです。

この書籍を作った人

林 木林

林 木林 (ハヤシ キリン)

山口県生まれ。詩人、絵本作家、作詞家。 ことば、ことばあそびに関する作品も数多く手がける。 おもな絵本に『あかり』(光村教育図書)、『ダジャレーヌちゃん 世界のたび』(303 books)、 『おちゃわんかぞく』(白泉社)、翻訳絵本に『でんごんでーす』『くまさん どこ?』(講談社)、 「ぜったいあけちゃダメッ!」シリーズ(永岡書店)など。 2020年の新刊に『こもれび』(光村教育図書)、『どんなふうに みえるの?』(鈴木出版)、 『みどりのほし』(童心社)がある。 詩のボクシング全国大会で優勝。サンリオ詩とメルヘン特別賞などを受賞。 『ひだまり』(光村教育図書)で産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞。

林 木林 作品一覧

この書籍を作った人

岡田 千晶

岡田 千晶 (オカダ チアキ)

大阪府に生まれる。ボローニャ国際絵本原画展2010入選。子どもの世界の繊細な表情をていねいに描く。作品に『ゆめのとびらをひらくとき』(カール・ニューソン作、岩崎書店)、『ハンカチさがし』(森山京作、文溪堂)、『ざしき童のはなし』(宮沢賢治作、ミキハウス)、『しゃっくりくーちゃん』(竹下文子文、白泉社)、『ボタンちゃん』(小川洋子作、PHP研究所)など多数。林 木林との絵本に『あかり』『ひだまり』『こもれび』(光村教育図書)がある。

岡田 千晶 作品一覧

磯崎 園子(いそざき そのこ)

絵本情報サイト「絵本ナビ」編集長として、絵本ナビコンテンツページの企画制作・インタビューなどを行っている。大手書店の絵本担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・テレビ・インターネット等の各種メディアで「子育て」「絵本」をキーワードとした情報を発信している。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)がある。

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


愛を伝える絵本 レビューコンテスト
可愛い限定商品、ゾクゾク♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット