新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「こどもの行事 しぜんと生活」シリーズかこさとしさんインタビュー

「僕のような間違いを犯してほしくない」という思いで歩んだ60余年

───お話を伺っていると、子ども達に大切なことを伝えていきたいと絵本を作られている様子がとても強く感じました。その思いは絵本作家になった最初から持たれていたのですか?

絵本と子どもさんに対する思いのお話をするためには、私の過去についてお話しなければならず、大変心苦しいのですが…。一言で言うと、私は「罪滅ぼし」のために子どもさんの仕事にタッチしてきたのです。

───罪滅ぼし…というと?

僕には兄・姉がいたのですが、家が貧乏だったので子ども心に「自分のところまで学費はこないな」って思ったんです。でも学校には行きたかった。それでどうしたかというと、軍人の学校に入ろうと思ったんです。当時、士官学校は学費が免除される上に小遣いのお金がもらえた。それに僕は飛行少年だったから、空軍に入れば飛行機を操縦できると考えたんです。でも、勉強を始めたらどんどん近視が進んで、4年生のときにとうとう受験が出来ないくらい目が悪くなってしまったんですね。そうすると軍人志望の生徒を指導する将校から、軍人になれない者はダメだというようなことを言われるんです。それが悔しくて理科の道に進もうと思ったんですが、ちょうど20歳のときに終戦を迎えました。学校で軍人になるために勉強していた仲間達はみんな死んでしまいました。戦後は食糧難になって、生きていくことが精一杯になって、一体自分は何をしてきたんだろう…と、そこで気づいたんですよ。「こんなことになってしまったのは、自分が世間のことを知らなくて、軍国主義に疑問を持たなかったからだ、もっとしっかり他の国のことや周りのことを勉強していたら、間違った道には進まなかった」ってね。だから、僕は子どもさんに僕のような間違いを起こしてほしくない、そのためには物事を正しく判断できるしっかりとした知識を身につけてほしい…というのが僕の戦後の生きる目標で、60年間僕を生き延びさせたのは償いの気持ちなんです。


───かこさんが絵本の中で子どもにも分かりやすく科学のことや自然のこと、地理のことを描かれてきた出発点は戦争でのご自身の経験だったんですね。

利口になりなさい。それは何も学校でやる勉強ばかりじゃない、学ぶという心構えがあれば、どんなことでもプラスになる、それが勉強だ、と。
だから私はあまり楽しませようと思って絵本を作ってはいないんですよ。生きる意欲を持ってもらえたらと思って描いているんです。

───かこさんが長年セツルメント(※)の活動をされていたのも、その思いにつながってくるのでしょうか?
※セツルメント…1880年代イギリスで生まれた活動。学生や知識人などが中心となって、都市の貧困地区に宿泊所や託児所などの設備を設け、住民の生活向上のために助力する社会事業

そうですね。当時通っていた大学には教育学部がなかったから、子どもさんのことを具体的に知るためには、彼らと直接関わった方が早いと思ってセツルメントに参加するようになりました。そこは本当に実践の場で、僕は子ども達と遊んだり、学んだりしたことを毎回書き綴ってまとめていったんです。そうしたら、こんなに集まりました。



───(一同驚き) うわー、すごい!



あるとき、これを本にしたいっていう出版社がやってきて、まとめたのが『伝承遊び考』(著:加古里子、小峰書店)。ここにあるのは本にするためにカテゴリー分けした資料だけど、この元になった手書きの資料もあるんです。他の人からしたら紙くずにしか見えないだろうけど、僕にとっては宝の山ですね。

───かこさんの絵本の中にはセツルメントの活動がきっかけとなって生まれたものもあるんですか?

20年近く活動してましたからね、最初の頃の作品はほとんどセツルメントの子どもさんのために描いた紙芝居が元になっているんですよ。子どもさんはとっても正直ですから、こっちが喜ぶだろうと思って紙芝居をやっても、話がつまらないとスッと向こうに行ってしまうんです。でも無視しているわけじゃなくて、紙芝居が終わった頃にまた戻ってきて「遊ぼう」ってザリガニ釣りに誘ってくる。次第に子どもさんを喜ばせてやろうではなく、子どもさんに相手にしてもらうため、必死に面白い物語を考えるようになりました(笑)。
あるとき、大学で論文の提出が迫っていて、紙芝居を作っている時間がなかったんですね。それで論文の下書きの裏に墨で殴り書きをしたものを子ども会で読んだら、すごく喜んでくれて、「続編はないのか!」「続きを見たい!」って大人気。その作品が『どろぼうがっこう』だったんですよ。

───『どろぼうがっこう』は最初、紙芝居だったんですか!

そうなんです。しかも当時、子どもの絵本の中では、「黄赤ベタ」といって、派手な絵の具がベタッと塗られたような絵本じゃないと子どもは喜ばないといわれていたんです。でも、『どろぼうがっこう』は裏紙に墨の絵でしょう。本質的なものがちゃんと書かれていれば、子どもさんはちゃんと受け取ってくれる。そのことを教えてもらいました。セツルメントの活動で僕が教えてもらったことは、当時、どの教育書にも載っていない最高の児童文化の神髄でした。

───最新作のお話から、かこさんが絵本作家となるルーツのお話まで伺えて、私達もとても貴重な時間を過ごさせていただきました。今日は本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございます。
子どもさんの前で演じた 『どろぼうがっこう』の原画がありますから、見ていってください。

───…ということで、紙芝居『どろぼうがっこう』の大変貴重な原画を絵本ナビのみなさまのために用意していただきました。本邦初公開です!!


(次のページへどうぞ>>>)

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】
可愛い限定商品、ゾクゾク♪

かこ さとし(加古里子)

  • 1926(大正15)年福井県武生町(現・越前市)生まれ。1948年東京大学工学部卒業。工学博士。技術士。
    民間化学会社研究所に勤務しながら、セツルメント活動、児童文化活動に従事。1959年から出版活動にかかわり、1973年に勤務先を退社後、作家活動とともに、テレビニュースキャスター、東京大学、横浜国立大学などで児童文化、行動論の講師をつとめた。
    また、パキスタン、ラオス、ベトナム、オマーン、中国などで識字活動、障がい児教育、科学教育の実践指導などを行い、アメリカ、カナダ、台湾の現地補習校、幼稚園、日本人会で幼児教育、児童指導について講演実践を行った。
    『だるまちゃんとてんぐちゃん』『かわ』(福音館書店)、『からすのパンやさん』(偕成社)、『富士山大ばくはつ』(小峰書店)など、500冊以上の児童書の他、『伝承遊び考』(全4巻・小峰書店)など著書多数。
    土木学会著作賞、日本科学読物賞、児童福祉文化特別賞、菊池寛賞、日本化学会特別功労賞、神奈川文化賞、川崎市文化賞、日本児童文学学会特別賞、日本保育学会文献賞、越前市文化功労賞、東燃ゼネラル児童文化賞などを受賞。
    現在、科学、文化、教育に関する総合研究所を主宰。

作品紹介

全ページためしよみ
年齢別絵本セット