新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ウィンクルさんとかもめ

ウィンクルさんとかもめ

  • 絵本
作: エリザベス・ローズ
絵: ジェラルド・ローズ
訳: ふしみみさを
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784001108866

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

魚がぱったりとれなくなってしまった,ある港町.原因もわからずみんな大弱りです.そんななか,ウィンクルさんだけは,毎日おんぼろの船で海へ出つづけました.ある日,しきりに鳴くカモメのあとを追っていくと…….ユーモアあふれる人間描写,大胆な海の絵が印象的な,1961年ケイト・グリーナウェイ賞受賞作

ベストレビュー

人は見かけだけでは

図書館の岩波書店の棚で見つけたこの絵本。

見た感じ地味な感じに見えましたが、実はこんな感じの絵本に良い作品って多い気がして読んでみました。

ぼろのボートでかもめにえさをやっているウィンクルさんはいつも周りからバカにされていますが…。

人の本質は見た目だけではわからないもの。最後は本当によかったなあって思えました。

ウィンクルさんの謙虚さは、周りが変わっても変ることがないのがとてもいい感じで好感が持てました。

2006年出版ですが、図書館の本としてはあまり手に取られていない様子。この絵本の良さが伝わるといいなあって思います。

高学年の読み聞かせにもよさそうと思いました。久しぶりに息子に絵本を読んでみましたが、先が気になって聞きいってしまったということです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,540円
1,650円
1,430円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
550円
440円
3,190円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ウィンクルさんとかもめ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら