あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ウィンクルさんとかもめ」 みんなの声

ウィンクルさんとかもめ 作:エリザベス・ローズ
絵:ジェラルド・ローズ
訳:ふしみみさを
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784001108866
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人は見かけだけでは

    図書館の岩波書店の棚で見つけたこの絵本。

    見た感じ地味な感じに見えましたが、実はこんな感じの絵本に良い作品って多い気がして読んでみました。

    ぼろのボートでかもめにえさをやっているウィンクルさんはいつも周りからバカにされていますが…。

    人の本質は見た目だけではわからないもの。最後は本当によかったなあって思えました。

    ウィンクルさんの謙虚さは、周りが変わっても変ることがないのがとてもいい感じで好感が持てました。

    2006年出版ですが、図書館の本としてはあまり手に取られていない様子。この絵本の良さが伝わるといいなあって思います。

    高学年の読み聞かせにもよさそうと思いました。久しぶりに息子に絵本を読んでみましたが、先が気になって聞きいってしまったということです。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • おしゃれ

    4歳の息子と読みました。
    イラストがいいです。
    モノクロとカラーの見開きが交互にくるのが、時代を感じさせてくれます。
    初版は1960年なのですね。
    そして、おしゃれ。

    なんというか、のどかな絵本。
    こんな風な時間の流れ方は素敵です。
    息子もまあまあ楽しかったようでした。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然とともに生きる

    ウィンクルさんの古びたボートと、カモメに餌をやる姿は、人々からするとバカにされるようなところがあったのでしょうか。
    町の暮らしとは相いれないウィンクルさんの生き方に素晴らしさを感じました。
    さかなが全くとれなくなって、人々が困った時、カモメたちはウィンクルさんを助けてくれました。
    自然は偉大です。
    ウィンクルさんが人々に理解されるきっかけがあって良かったと思います。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくりと心に浸み込む作品

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    挿し絵はジェラルド・ローズさんとなっていて、作者紹介のところを見ると、エリザベス・ローズさんと何作もコンビを組んでいる。と書かれていました。名字を一緒だし、ご夫婦なのかもしれませんが、そこまでは書かれていませんでした。(ちょっと気になります)

    寒い港町のちょっとした出来事を淡々と描いてあります。
    ストーリー的には20〜30年くらい前のヨーロパの絵本の作品に多いふん言いがしました。
    バーンと勢いのあるコミカルなストーリーとかではありませんが、ゆっくりと心に浸み込んでくる作品だと思います。

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの人にオススメしたい絵本

    大好きな絵本のひとつです。ユーモアたっぷりの美しくかわいらしい挿絵を、カラーと白黒ページ交互に味わえます。
    ウィンクルさんは港町の漁師。いつもひとりぼっちで、話し相手はえさを食べにくるかもめだけです。ある日全く魚が捕れなくなり、町中の漁師が漁に出るのをあきらめますが、ウィンクルさんだけは変わらず毎日漁に出かけていました。そんなウィンクルさんにかもめたちが合図をして・・・
    どんなことがあっても、変わらず自分のスタイルを貫くウィンクルさんの姿勢に胸を打たれます。最後までやさしくて欲張らず、淡々と暮らすところが、とってもかっこいいです。
    子どもから大人まで、たくさんの人にオススメの絵本です。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大漁!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    エリザベス&ジェラルド・ローズがケイト・グリーナウェイ賞を受賞した作品。
    地味な画風・色使いですが、光景が実に見事に活写されているので、
    受賞に納得です。
    古老の漁師ウィンクルさんは、おんぼろボートでの漁を仲間に笑われる存在。
    でも、ある不漁の時、いつも世話しているカモメたちが漁場を案内してくれて、
    ウィンクルさんは大漁。
    もちろん、気前よく、仲間たちともその情報を分かち合います。
    自然界の生き物たちの情報力のすごさを実感できました。
    漁をめぐる人々の様子、大漁のシーンが実に生き生きとしていて、魅力的でした。
    そして、誠実なウィンクルさんの人柄は、人々の心も善良に導くのですね。
    地味なだけに、子どもたちは手に取りにくいでしょうから、
    ぜひ、大人から紹介してあげてほしいです。

    掲載日:2012/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな絵本との出会い

     よく行く絵本やさんに、「好きじゃないかな。」と、紹介された絵本です。とっても、地味な絵本ですが内容は抜群で、ウィンクルさんのような優しい気持ちの人間になりたいと思いました。

     みんなからバカにされていても、たくさんの魚を独り占めせずに、みんなに教えてあげる。なかなかできることじゃないと思います。古い絵本ですが、古臭さを感じない素晴らしい絵本です。

     「たかが絵本に」と思われていても、絵本を通していろんな人にめぐり会えて、絵本ナビのような場で意見を交換できて、本当に絵本を楽しめるって感じです。

    掲載日:2007/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 外見より中身!

    おんぼろ船の漁師ウィンクルさんのお友だちはかもめだけ。
    かもめにえさをあげる彼を、他の漁師はバカにします。
    ある日魚がまったくとれなくなり、海辺の町は活気をなくしてしまいますが、そんなときかもめがウィンクルさんにないて呼びかけます。かもめについていったウィンクルさんは魚の大群に出会うのです!
    お人よしのウィンクルさんは魚を独り占めなんてしません。また町が元気を取り戻します。
    ものの見かけにとらわれないウィンクルさんの人柄にほんわかとした気持ちになります。
    表面だけをピカピカに着飾ることよりも大切な、心の豊かさ。
    イラストもカラフルで、見ていて楽しいです。

    掲載日:2006/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット