しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
14の心をきいて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

14の心をきいて

作・絵: つちだ よしはる
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「14の心をきいて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784569683171

出版社からの紹介

実在のろう学校をモデルにして、障害に負けず懸命に生活しているこどもたちの姿を絵本化した作品。音のない世界を読者に伝えます。

ベストレビュー

耳じゃなく心で

普通学級では少し聞こえが悪いと言うのでゴンタは耳が聞こえにくい子供達が通う学校に転校してきた。不機嫌なゴンタと対照的に笑顔で迎えてくれたお友達。学校で生活しているうちに、皆は自分よりも聞こえが悪いようだという事、症状にあわせた授業がある事、先生が一人一人について話し合いをたくさんしている事など、今までの学校と違う事を知る。
ある日子供達だけでバスで買い物に行く事になる。道が分からなかったり、商品がどこにあるか分からないときに、人に聞いても聞こえない振りや知らん振りをされる。自転車のリンリンという音が聞こえなくてよけずに歩いていたら、ぶつかられたり。みんなはそんなことは慣れているようだけどゴンタは腹がたって機嫌が悪い。
学校に戻り校長先生に「なぜ、聞こえるのに聞こうとしない。みんな心がない・・・」と泣いてしまう。

みんな心がない。この言葉に私の心はわしづかみにされた。
耳で聞くんじゃない。心だ。心で聞こうとすれば音にならない声も聞こえるんだね。
子供の声が聞こえていないときがあるなと気付かされた。声は耳に届いているけど私の心が聞いていないときがある。
この事に気付けた私はこの本に会えてラッキーと思う。(^。^)
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ よしはるさんのその他の作品

やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ / げんききゅうしょくいただきます!



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本

14の心をきいて

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット