にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
サンタクロースのふくろのなか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタクロースのふくろのなか

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サンタクロースのふくろのなか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784887470668

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 安野光雅さんの新作はクリスマスの絵本です。どんな話になるのかなと楽しみにして中を開くと・・・。

 見開きいっぱいの画面に小さなおもちゃの絵や子供達の遊ぶ絵などあちらこちらに描かれています。でも何だかよく見ると描きかけみたい?そこに聞こえてくるのは画家の声、まるで安野さん御本人がつぶやいているようです。ページをめくるごとに花火が上がったり、家が建ったり、おもちゃや子供達が増えていったり、どんどん賑やかな画面になっていきます。大きな虹までかかって。
 そんな時「これはサンタクロースのふくろのなかだ」という声。そうです、この字を書くスペースもなくなる程ぎっしりつまったおもちゃ箱の様なこの世界はまるごと子供達への贈り物。するとサンタクロースへのお願い事をする小さな声が聞こえてきます・・・。
 最後の場面からはサンタクロース(安野さんの?)のこの世界への切なる願いが感じられる様です。

 見所はもちろん細かく描かれたたくさんの絵。そこは安野さん、たくさんしかけが隠されているようです。前のページと比べてみたり、ぱらぱらめくってみたり、これはもう手にした子供達が見つけていくしかなさそうですね。素敵なクリスマスプレゼントです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

 この世界が平和で、これから先もずっと栄えますようにというのが、サンタクロースの願いでしょうか。一つ一つの絵を指でなぞってみてください。なかには前の頁とうしろのページで絵がちがうところがあります。頁をパタパタやると、絵が動いてみえる仕掛けがあるのです。さあ、見つかるかな?見つけたら教えてください。

ベストレビュー

不思議な世界

細かく丁寧に描かれた安野光雅さん絵本が大好きです。安野さんが描くクリスマスってどんな世界なのだろう?と思ったら、とっても不思議な雰囲気でした。
安野さんの独り言のようなセリフが続くのですが、描かれる絵はサンタクロースのふくろの中。どんどんと書き足されるプレゼントを眺めていると、確かにサンタクロースのふくろの中は、無限大だよなぁと妙に納得できました。
子どもには意味不明かしら?とも思ったのですが、たくさん描かれるものを細かく見るのは楽しかったようです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 100円たんけん
    100円たんけんの試し読みができます!
    100円たんけん
     出版社:くもん出版
    お母さんにお菓子をねだったら「100円までよ」だって! 100円で何が買える? はじめてのお金えほん

安野 光雅さんのその他の作品

わたしの好きな子どものうた / 小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

サンタクロースのふくろのなか

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット