アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
アローハンと羊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アローハンと羊

作: 興安
文・解説: 蓮見 治雄
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784772101851

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 ある春の日、遊牧民の少女アローハンは、草原で親に見捨てられた子羊を救います。子羊は「愛しいもの」という意味の「ホンゴル」と名づけられ、その日から、アローハンとホンゴルはいつも一緒でした。ホンゴルは、いつでも、どこへでも、アローハンについてくるようになり、それは、大人の羊になっても変わりませんでした。アローハンがお嫁に行ってからもホンゴルは心の支えでしたが、ある晩、草原を大吹雪が襲って…。

ベストレビュー

モンゴルの雄大さを満喫

モンゴルの大草原を舞台にした少女と羊の物語です。
「スーホの白い馬」も横長の絵本でしたが、やはりモンゴルの大草原を表現するには、こうした横長のサイズでないと無理なのでしょうね。

椎名 誠さんの書評が表紙にあります。
「モンゴルの草原と、そこに生きる人々を、動物たちを、雲を、風を、これほど見事に描いた作品を見たのは初めてだ!」とありますが、正にこの言葉に集約されていると思います。
椎名 誠さんは、TVで良くモンゴルで馬に騎乗しているのを見たことがあり、その思いは強いのでしょう。

作者の興安(ヒンガン)さんは、モンゴル出身で、東京芸大の日本画研究室で学んだとあり、水墨画とモンゴルの雄大さとのマッチングは特筆できるものだと思います。
自然の厳しさといのちの大切さも教えてくれる絵本で、読後感の爽やかさは何とも言えず心地よいものになるでしょう。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


興安さんのその他の作品

ひとりぼっちのかえる

蓮見 治雄さんのその他の作品

子どもに語るモンゴルの昔話



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

アローハンと羊

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット