マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
キップコップと12のつき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キップコップと12のつき

  • 絵本
文・絵: マレーク・ベロニカ
訳: 羽仁 協子
出版社: 風濤社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「キップコップと12のつき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784892192920

A5判上製 48ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


マレーク・ベロニカさんインタビュー!

みどころ

西洋とちの木の実で作られる人形から生まれた男の子キップコップ。お友達のティップトップと森に住んでいます。
そんな小さな二人はとっても遊び上手。まつぼっくりやけしの花を見ればすぐお人形をつくってしまうし、カエルさんに泳ぎを教えてもらったり、手作りプレゼントをつくったり。それから好奇心旺盛で心優しい二人は色々な動物達と出会ってやりとりします。

今回は月ごとに二人のちょとした可愛いエピソードが、12話+2話も入っています。どこを開いても盛りだくさん、ところ狭しとキップコップとティプトップが走り回っています。葉っぱや木の実、小さい動物たちも必ず沢山出ています。
少しづつ読んでいっても長く楽しめますね。作者ベロニカさんの自然への愛情がぎゅっと詰まったような絵本です。
そして12つきがすぎてからのおはなし。
「12がつがおわったらどうなるの?」
「またあたらしい12のつきがはじまっておたらしいおはなしをしてくれるのね。」
とっても幸せな気分になりますね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

キップコップと12のつき

出版社からの紹介

キップコップと一緒にめぐる12ヶ月間。
1月は雪だるまのお話、2月はつららのお話……
ひと月ひと月にマレーク・ベロニカさんの あたたかい想いがこめられています。

ベストレビュー

贅沢な絵本!

とっても贅沢な絵本です。

それぞれの月にまつわる、12の短いお話に加え、イラストがたくさん詰まっています。

1つのお話につき大体3ページから5ページ程度なので、
ちいさなお子さんでも飽きずに読むことができそうです。

イラストはシンプルですが可愛らしく、とてもあたたかいです。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マレーク・ベロニカさんのその他の作品

くまのブルンミ とんとんだあれ? / ブルンミのねこ / あなたがちいさかったころってね / おはなしよんで、アンニパンニ! / くだもの だいすき! / のりものにのって

羽仁 協子さんのその他の作品

サッカーしようよ!ブルンミ / ブルンミのドライブ / キップコップのこどもたち / ブルンミのピクニック / びょうきのブルンミ / キップコップのクリスマス



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

キップコップと12のつき

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット