たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
たびはみちづれ−午(ウマ)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たびはみちづれ−午(ウマ)

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784861010897

あの人の干支は?>>>

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

五味太郎の「干支セトラ絵本」第10巻。

「たびのきほんは ひとりたび パコパコ」
「でも ま みちづれも いいものです パコパコ」
というわけで、ウマさんは、いろんなみちづれと出会って、旅を続けます。みちづれが代わるごとに、ひづめの音も変わっていきます。
「ポコ ポコ パコ パコ」のときもあれば、
「ハコ ハコ ホコ ホコ」だったり……。

ページをめくるごとに、思わぬ展開がまっていますよ。リズミカルなことばのくりかえしが、 あかちゃんにも喜ばれます。
絵本を開くと、ウマの背にのってここちよく揺られながら一緒に旅をしているような気分を味わえます。


付録は「名馬パコパカ号」。
「パコパカ パコパカ」と、なんとも軽快な音がたのしい!
デザインしたのは、美術家・本間純さん。
おなかのラインを微妙に変えて試作をくりかえし、
ようやく「パコパカ パコパカ」という音にたどりつきました。

ベストレビュー

淡々としているようであったかい

うまの旅の、いろんな道連れが現れます。
最初は人だったり鳥だったり、普通かな、と思っていたら、
だんだん普通のみちづれじゃなくなっていくところがとても面白い。
かなり笑える、シャレのきいた道連れ達の面白さには子供だけでなく大人もはまりました。
パコパコという馬の足音が子供にとっては印象的なようでとても楽しそうに「パコパコ!」と一緒に声を出して読んでくれました。
五味さんの絵本は、子供も、大人も楽しめる、奥の深い文章が魅力ですね。
(霧丸さん 30代・ママ 男の子2歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 絵本 むかし話ですよ / なんでもできる!? / いそいでおでかけ / げんきにおでかけ / ゆっくりおでかけ



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

たびはみちづれ−午(ウマ)

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット