雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ゆく河の流れは絶えずして
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆく河の流れは絶えずして

  • 絵本
文: 鴨長明
絵: 軽部武宏
編: 斎藤 孝
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784593560561

A4変・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」ではじまる「方丈記」の冒頭が絵本になりました。
無常観をうたった名文と、河の流れやうつろいゆく情景が美しい、心が落ち着く絵本です。

ベストレビュー

古文を絵本で

子供にはまだ言葉は難しいのですが、絵を見ていると言葉の意味がわかってくるようです。どの場面にも「水が流れているね」と話しながら読んでいきました。子どもは昔の人の暮らしぶりをおもしろそうに見ていました。

子供はまだ「無常観」を理解できません。でもお坊さんといつも一緒にいた犬が死んで埋められた場面を、さみしいと感じているようでした。

難しい古文でも、このような絵本で描かれていると子供のうちから読めるのでいいです
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鴨長明さんのその他の作品

こども「学問のすすめ」

さんのその他の作品

サーカス / おくのほそ道

軽部武宏さんのその他の作品

ぞうでするする / 大出現!精霊図鑑 / いいな いいな あの おうち / まんげつのこどもたち / 大接近!妖怪図鑑 / ちょうつがい きいきい



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ゆく河の流れは絶えずして

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット