くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
マッチうりの少女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マッチうりの少女

  • 絵本
作: アンデルセン
絵・訳: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784323036014

幼児から
28.6×22.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

世界の名作をいもとようこの美しいイラストで贈る絵本新シリーズ、スタート!

シリーズ第1弾は、誰もが一度は読んで、感動の涙を流したアンデルセンの名作『マッチうりの少女』!

大晦日の雪の夜、貧しい少女がマッチを売り歩いていました。でも1本も売れません。凍えた少女がマッチを1本すってみると暖かな炎が見えました。2本目3本目。最後には天国のおばあさんの姿が見えました。そして翌日の朝、少女は…。

ベストレビュー

幼児期向けかな。

アンデルセンのお話は,我が子に読んでほしい読んであげたいものが多いです。
たくさんのアンデルセンの本が出ていますが,いもとようこさんの描くアンデルセン絵本はイラストも可愛らしく幼児期くらいのお子さんにぴったりといった印象を受けました。
小学校1年生くらいなら一人読みにもいいかもですね!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

いもと ようこさんのその他の作品

あかちゃんのためのえほん いない いない ばあ / あかちゃんのためのえほん どうぶつ / ねことねずみ / 心ってどこにあるのでしょう? / はるをつかまえた うさぎちゃん / 注文の多い料理店



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

マッチうりの少女

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット