もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
新版ヒキガエルとんだ大冒険 (2) 消えたモートンとんだ大そうさく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (2) 消えたモートンとんだ大そうさく

  • 児童書
作: ラッセル・E・エリクソン
絵: ローレンス・ディ・フィオリ
訳: 佐藤 涼子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784566013377

小学校中学年〜
20.8×15.4cm/88ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある春の日、旅に出たヒキガエルの兄弟。ところが、大雨にあい、二ひきははなればなれに! 川に流されたモートンは、あばれんぼうのビーバーにつかまった。ウォートンは救いだせるのか? 大人気シリーズの[改訳新版。]

ベストレビュー

楽しいシリーズ

シリーズの2です。
家でお料理を作るのを、こよなく愛しているようなモートンを
無理やりに誘い出して、東への旅を始めたウォートンでしたが
早速、その晩に洪水!またまた大変なことになってしまいますが。
ビーバーとマスクラットの誤解を解いて、
話し合えるチャンスをウォートンとモートンが
作ったのかもしれないですね。
マスクラットの楽しい夕べを聴きに来た
カメのおじいさんが、のんびりしていてご愛敬です。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・E・エリクソンさんのその他の作品

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (3) ウォートンのとんだクリスマス・イブ / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (4) SOS! あやうし空の王さま号 / 新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (5) ウォートンとモリネズミの取引屋 / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (7) ウォートンとカラスのコンテスト / 新版ヒキガエルとんだ大冒険 (6) ウォートンとモートンの大ひょうりゅう

ローレンス・ディ・フィオリさんのその他の作品

新版ヒキガエルとんだ大冒険(全7巻セット)

佐藤 涼子さんのその他の作品

くびわをはずしたパピ パピの東日本大震災 / 火よう日のごちそうはひきがえる / ひきがえるとんだ大冒険シリーズ1 火よう日のごちそうはひきがえる / かしこいポリーとまぬけなおおかみ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (2) 消えたモートンとんだ大そうさく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット