あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ひとりぼっちのアヒル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのアヒル

作: きむら ゆういち
絵: くろだ せいたろう
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784494025381

3歳から
判型/サイズ:B5判/26.6×19.1cm

出版社からの紹介

自分のことがきらいで、自分の中にとじこもってばかりいるアヒルが、魚を運んでくる一羽のカモと出会い、次第に変わっていきます。ひとりぼっちのアヒルと、いつも元気なカモの心の交流を大胆な構図で描いた絵本。

ベストレビュー

お友達ができたのに・・・

4歳0ヶ月の息子に読んでやりました。空を飛べないことがコンプレックスのアヒルは孤立していきますが、それを助けてくれたのがカモ。とても気さくでざっくばらんな性格がよかったのでしょう。次第にカモにあえるのが楽しみなアヒルでしたが、なかなかカモが帰ってこないことに不安を募らせ、ついに見つけたもののもう行き絶え絶え・・・。息子となくなってしまったんだね、としんみりしていました。具体的になくなったというような表現は一切ありませんが、それをうかがわせるものはあり、なんとなくブルーになる展開ですよ。でも、それが嫌味ではなく、すんなりと受け止められるので子供でも理解できると思います。友達とは、本当の宝とは、などを考えるきっかけになるとてもいい絵本だと思いました。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

きむら ゆういちさんのその他の作品

へんがおあそび / そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / されどオオカミ / いもさいばん / ほっとほっとホットケーキ



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

ひとりぼっちのアヒル

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット