しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
門ばんネズミのノーマン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

門ばんネズミのノーマン

作・絵: ドン・フリーマン
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「門ばんネズミのノーマン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784776403272

21×26cm・62頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

マジェスティック美術館のうら手の、ひみつのぬけ穴のまえに立っているのは、ノーマンという名まえのネズミです。
ノーマンは美術館の門ばんで、地下室にしまってある美術品を見にくる仲間たちを誰でもむかえいれ、作品を案内していました。
ある日、彫刻コンテストが行われることを知ったノーマンは……。
芸術好きのちいさなネズミにおこったすてきなハプニング。
とてもかわいいお話です。

ベストレビュー

芸術は身を助ける

毎日「秘密のドアの門ばん」を務めているネズミのノーマンですが、ネズミ取りで狙われるばかりで、美術館の展示を落ち着いて鑑賞することが出来ません。
でも、芸術家としてのノーマンが素晴らしい偉業を行いましたね。
ネズミ取りの部品で創作するというのが笑えます。
ノーマンが最優秀賞をとったら親切な人に変わったガードマンにも笑えます。
冬のお話ですが、とても暖かみのあるお話です。
ノーマンの作品名が、原作ではどうなっているのか、気にもなりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ドン・フリーマンさんのその他の作品

ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / オペラハウスのなかまたち / ハロウィーンのまじょティリー / しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです

山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / 長新太の島・かいぞくオネション / 杉浦範茂の島・海をかっとばせ



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

門ばんネズミのノーマン

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット