新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

かいけつゾロリ(12) かいけつゾロリのきょうふのプレゼント

かいけつゾロリ(12) かいけつゾロリのきょうふのプレゼント

  • 児童書
作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1992年12月
ISBN: 9784591030752

小学校低学年〜
サイズ:22x15.5cm
ページ数:88ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

クリスマスプレゼントが、よいこノートの内容で決まると知ったゾロリは、サンタの村に行き、うそばかり書いたノートをだしたのです。

ベストレビュー

気持ちはわかるが…

悪い子すぎてクリスマスプレゼントをもらえない、我らがゾロリ一家。どうしても自分に100%都合のよいプレゼントをもらいたいがために、良い子カードを偽造し、プレゼント工場へ。サンタを襲撃するが…

自分もプレゼントをもらいたい!という気持ちはわかる。子どものころ、サンタがいると思って枕元に靴下を置いていても翌日に何も入っていなかったらがっかりすることもよくわかる。おそらく、人生で一度もクリスマスプレゼントをもらったことがない(普通のプレゼントもあやしい)。執念が違う。

悪者にサンタの仕事を邪魔されることがあるから、サンタが自主的に警察組織を作って自衛しているというあたりが、現実的で妙に納得してしまった。ゾロリ以前にも事件がいろいろあったことが想像できて面白い。
この話は面白いネタがあちこちにあり、いちいち面白がってなかなか読み応えがあった。欲しいプレゼントよりも、欲しくないプレゼントを考えるほうが、よっぽど面白いのかもしれないと思ってしまった私も、何年も前からクリスマスプレゼントは来なくなりました。
ああ!
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 ゆたかさんのその他の作品

かいけつゾロリのおやじギャグ&なぞなぞ大じてん / かいけつゾロリのゲーム&コミックブック ゾロリパーティー ようかいコレクション / かいけつゾロリ(71) にんじゃおばけあらわる!  / かいけつゾロリのわくわくクイズ200本ノック! / かいけつゾロリのゲーム&コミックブック ゾロリパーティー おかしコレクション / かいけつゾロリのちょ〜いたずら点つなぎ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > かいけつゾロリ(12) かいけつゾロリのきょうふのプレゼント

みんなで参加しよう!えほん祭

かいけつゾロリ(12) かいけつゾロリのきょうふのプレゼント

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット