しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ぼくがパジャマにきがえていると
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくがパジャマにきがえていると

  • 絵本
作・絵: にしかわ おさむ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「ぼくがパジャマにきがえていると」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月1日
ISBN: 9784569682068

出版社からの紹介

内容:ぼくがパジャマにきがえていると、窓からかえるなんかがのぞいていることがあるよ。でも今日は違うの。なんと、おばけが現れたんだ!

解説:おばけ、かいじゅう、遊園地、と子どもの好きなものがたくさんでてくる楽しい絵本です。 ぼくが夜、パジャマにきがえていると、ふしぎなものがあそびに来るよ。なんと今日はゴリラがきたんだ。ゴリラはね、ぼくとペスと一緒に寝てみたかったんだって。 でも、困るよ。部屋をのぞきにきた母さん、きっと気絶するに決まっている。 次の朝、ゴリラは「楽しかった。ありがとう」って、帰っていった。よかった、母さんにみつからなくて。あれ、今夜はちっちゃいおばけの子どもがあそびにきたよ。 おばけの子どもとあそんでいたら、おばけのお父さんが坊やを迎えにやってきた。「一緒にあそんでくれてありがとう。君はやさしい子だね」そういって、ぼくとペスを連れていってくれたのは、なんと夜空の散歩だったんだ! 西洋っぽい絵と色づかいが魅力的。西川氏独特のユーモアセンスに、ふふふ……と笑える一冊です。

ベストレビュー

続きは夢で・・

夜の読み聞かせのために購入した絵本だったのですが、
男の子が大好きな、恐竜やおばけ等など、
沢山出てきて、とっても楽しい絵本でした。

窓から何かが覗いていても、
全然怖くなくって、
むしろ、パジャマに早く着替えたくなっちゃうような、
楽しい訪問者達がやってきます。

わが子はまだ1歳8ヶ月。
まだまだ内容は理解できていないけれど、
大好きな動物や恐竜が出てきて大喜びで
読んでいました。

トリケラトプスに乗って遊園地の上を
飛んでいる場面は、本当に夢があって、
ホノボノした気分になりました。

この本を読んだ後は、きっと楽しい夢が見られるような
気がしました♪
(イモキチさん 30代・ママ 男の子1歳8ヶ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


にしかわ おさむさんのその他の作品

ツトムとでんしゃのカミサマ / こねこのレイコは一年生 / こわがりやのしょうぼうしゃううくん / アイウエ動物園 7 マリアさんのトントントトンタ / おとうちゃんとぼく / アイウエ動物園 6 カンコさんのとくいわざ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット