もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
すずめのくつした
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずめのくつした

  • 児童書
作: ジョージ・セルデン
絵: ピーター・リップマン
訳: 光吉郁子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784477020792

小学校初級向
A5判

出版社からの紹介

アンガスの家の靴下は、冬になってもさっぱり売れませんでした。
ある日、すずめに作ってあげたおしゃれな靴下が大評判となり、アンガスの家族ははりきりますが…。

ベストレビュー

すずめが靴下をはいた姿が可愛らしくって

 幼年童話です。
 一人読み用にお薦めしたい作品です。
 
 スコットランドのある町で、細々と営んでいる靴下工場の家の子アンガスが主人公です。
 家の裏には、広い家があって、木という木の枝にたくさんのすずめが巣を作っていました。
 なかでも、すずめのブルースとアンガスは大の仲良しです。

 売れ行きに悩む家族を心配するアンガス。
 営業不振を打開するべく、新しいデザインで編まれた靴下でしたが、冬になって冷たい風が吹き出しても、相も変わらずお客さんは大きな店へとられてしまうのです。

 そんなおり、ブルースがガタガタ震え、アンガスの庭へ……。

 アンガスの親切が、大きな宣伝力になりハッピーエンドへと繋がっていきます。

 挿絵も赤と黒の二色刷りですが、とても魅力的です。
 すずめが靴下をはいた姿がなんともいえず可愛らしくって、あたたかい気持ちになります。

 幼いアンガスの優しい気持ちが、家族を救うストーリーが、こどもたちをきっと惹き付けるのだと思います。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョージ・セルデンさんのその他の作品

天才コオロギ ニューヨークへ

光吉郁子さんのその他の作品

わたしのおかあさんは世界一びじん / わたしのおかあさんは世界一びじん / りすのスージー / りすのスージー / すずめのくつした



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

すずめのくつした

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット