だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
やさいとさかなのかずくらべ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やさいとさかなのかずくらべ

作: いしだとしこ
絵: つるた ようこ
出版社: アスラン書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784900656901

A4

出版社からの紹介

ある日大根が、橋の上でおおあくび。ちょうど川のなかから見ていたコイがからかう。
お互いにやりあっているうちに、仲間の数が多いのはどっちかの言い合いに。
そのうち大根の仲間は野や山から、コイの仲間は川の上下から続々と集まってきて、あたりは大騒ぎに。
数を数えようとするが、あとなしくしてないので、ちっともはかどらない。
押し合いへし合いのかげく、橋が壊れてしまい、野菜たちも魚たちもみんな水の中。
勝ち負けなしの数比べでした。

ベストレビュー

ジャパネスク!

むかしばなしではないと思うのですが、登場する野菜や魚、絵の雰囲気、喋り方も、日本らしくていいなって思いました。私は特に絵の雰囲気が気に入りました。

橋のところでバッタリ出会った野菜と魚が、どっちの方が数が多いかを競い合うお話です。
これは…子ども同士の張り合いでよく見る光景です。

どっちが勝つのか…?
これはいい。なるほどの結末でした!

他とはちょっと違う雰囲気が素敵な作品です。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いしだとしこさんのその他の作品

風の子ふうた / つぶときつねのはしりっこ / そばだんご

つるた ようこさんのその他の作品

しーっしずかに / だいこんとにんじんとごぼう / おとうと / ねぇだっこ / まめとすみとわら



ハッピーなおやすみのえほん!

やさいとさかなのかずくらべ

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット