ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
おーい、めだか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おーい、めだか

作: 島津 和子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「おーい、めだか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年03月01日

対象年齢 2才から4才向き
こどものとも年少版 2003年3月号

出版社からの紹介

水草をもらったところから、絵本がはじまります。単なる水草かと思ったら、ぷくぷく息をしていて、ある日、卵がついているのに気がつきます。その卵が小さな小さなめだかになって、成長していきます。はじめは目ばかり目立っためだかが、きれいな緋色になって成長していきます。水草についてきた貝や虫もいっしょに育っていきます。最後はめだかが、また卵をうむところまでを描きます。

ベストレビュー

メダカ、育ててます

春になるとメダカの繁殖を楽しんでいます。
水草も毎年(冬に枯れるので)ホームセンターで買いますが、卵がついてきたら。いいなー。いいなー。楽しいなー。
メダカ鉢を見ていつも思うのが、もっとじっくり観察したいということ。
なのに一時も止まっていない、泳ぎ続ける彼らを見ている内に時間が経ってしまう。
そんな願いを叶える絵本でした。
作者はどうやって描いたのでしょう。録画でもしたのでしょうか。

メダカだけでなく水中も事細かに描かれ、ヌマエビやタニシなど我が家の住人もたくさんいて眺めるだけでも楽しい。
あそこにクモが。あそこに何が。指さし見つけるのも楽しいですね。
そして卵を持つメダカがいる喜び。本でも味わいました。
願わくばヒメダカではなく、田んぼにいる古来の色のメダカが良かったな。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子14歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

島津 和子さんのその他の作品

あかちゃんかたつむりの おうち / ありの くろちゃん / いちごばたけが できたよ / かなへびくん / ほおずきが いっぱい / にわのがまくん



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

おーい、めだか

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット