猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
フランシスのおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フランシスのおともだち

  • 絵本
作: ラッセル・ホーバン
絵: リリアン・ホーバン
訳: 松岡 享子
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「フランシスのおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

フランシスは妹を置いてきぼりにして、友達のアルバートを誘いに行きますが、相手にしてくれません。妹と二人で男の子抜きのピクニックは・・・

フランシスのおともだち

ベストレビュー

やり返すフランシス

フランシスシリーズは5歳の息子のお気に入りです。

今回のフランシスは、冒頭はいつもどおり妹を邪険にして
一人で出かけていきますが、
出先で男友達のアルバートに「おんなぬき」と邪険にされ、
妹と「おとこのこ おことわり」のプラカードを掲げ、
「うんどうかい」に出かけます。

このあたりのフランシスの負けん気の強さが、
読んでいてとっても面白いし、スカッとします(笑)。

最後はもちろん仲直りになるのですが、
もちろんその過程でもアルバートに嫌味を言うのを忘れません。

毎回思うことですが、
「優しいいい子」が主人公になりがちの絵本の世界において、
フランシスはとっても異色です。

けれど、5歳の息子がフランシスシリーズを大好きなのは、
フランシスが、どんな子供にもあるであろうねたみそねみ、
いじわるな心を、
ストレートにそのまま表現しているからかもしれません。
それでも最後はかならずハッピーエンドで終わるので、
安心して読めますね。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・ホーバンさんのその他の作品

新装版 フランシスのいえで / フランシスとたんじょうび / 池のほとりのなかまたち / むしゃくしゃかぞく / わにのアーサーおよばれにいく / あこがれの星をめざして

リリアン・ホーバンさんのその他の作品

ねずみのオスカーとはるのおくりもの / ソフィーとガッシー いつもいっしょに / ソフィーとガッシー / こんにちは、バネッサ / アーサーといもうと / ハービーのかくれが

松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

フランシスのおともだち

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット