話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おしりがいっぱい

おしりがいっぱい

作: 薮内 正幸
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1990年

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

ベストレビュー

おしりがいっぱいだぁ〜

薮内 正幸さんの絵はとても写実的で図鑑のような絵本なので、娘も私も好きで読んでいます。この絵本は動物たちのお尻にスポットをあてた面白い作品です。まず最初はブタ。ハエがぴたっとお尻にとまります。こんな感じで次々に動物たちのお尻が登場します。娘は表紙の絵も気にいったようです。でも意外と、お尻から見て、動物の名前を言うのに、分かるものとわからないものがありました。いつもは正面から見た絵ばかりなので、こういう視点を変えた絵本はとても不思議そうでした。1歳頃から〜
(ななみやさん 20代・ママ 女の子2歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おしりがいっぱい

みんなの声(13人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら