アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ほしのこのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほしのこのひみつ

作・絵: アルカディオ・ロバト
訳: 若林 ひとみ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほしのこのひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年05月
ISBN: 9784577018941

対象年齢: 4歳から

出版社からの紹介

地上に降りてきてしまった星の子は、だだをこねています…。なぜお星さまが空にいるのかを、やさしく語ってくれます。

ベストレビュー

地上の子供と天の子供

ヘレンがおかあさんからお話を聞いています。きれいな服を着てダイヤモンドのお城に住んでいる王女様がいました。その王女様の願いはお空の星をとってくること、というお話です。それを、お空のほしのこも聞いていました。ほしのこはヘレンのところに降りてきます。ヘレンのことを王女様と勘違いして。そして、ヘレンにきれいな着物やダイヤモンドのお城を見せてとせがむのです。

困ったヘレンが、ほしのこの願いをかなえてあげる発想が素敵です。いろいろなものをドレスやお城や家来に見立ててしまいます。子供の発想ってまさにこんな風ですよね。

ほしのこを迎えにおかあさんがやってきます。でも、ほしのこは帰りたくなくて、おかあさんを困らせてしまいます。その時、ヘレンはとてもいい秘密を思いついて、ほしのこがおそらに帰りたいくなるようにしてあげるのです。

ヘレンとほしのこの間の秘密は夢のある楽しいものです。子供って「秘密」という響きが好きですよね。(大人もかもしれません。)私も、子供がダダをこねた時に、ステキな秘密を思いついて、ハッピーな毎日を送りたいと思います。

読んだ後、親子でほんわかと幸せな気分になれる本です。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アルカディオ・ロバトさんのその他の作品

しろくまオントサンタクロースにあいにいく / そらをとんだくじら

若林 ひとみさんのその他の作品

名作に描かれたクリスマス / チンパンジーとさかなどろぼう / 岩波少年文庫 87 きゅうりの王さま やっつけろ / トゥユのたんじょうび / じめんのしたのなかまたち / ちびぞうビンチッヒ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

ほしのこのひみつ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット