もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ソースなんてこわくない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ソースなんてこわくない

作: 松谷 みよ子
絵: 武田 美穂
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ソースなんてこわくない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784062610629

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

名作童話『ちいさいモモちゃん』の絵本版。
モモちゃんが、夜おそくまでおもちゃのピアノをひいていると、へびのぼうやがやってきました。すっかり仲よくなったモモちゃんとへびは、一緒にピアノをひいて……

ベストレビュー

取り合わせの妙

題名からびっくりです。「ソース」って、あのトンカツやコロッケにかけるソースのことかしら?
そして、初めに出て来るのがおもちゃのピアノ。これがいったいソースと何の関係があるのだろう?

いくつもの?で、物語が進んで行きます。

風が吹くと桶屋がもうかるではないのですが、ピアノ、ちょうちょの曲、へび、ソース、コロッケ、夕飯とテンポよくいろんな物が登場します。読み終えた時には、我が娘はピアノに向かって、ちょうちょだけでなく、知っている曲を全部弾き、「お母さん、コロッケ食べたーい」

もうずっと前に書かれたお話のはずなのに、現代っ子の心を捕えていました。武田美穂さんのイラスト(絵というよりもイラストですよね)で、より身近に感じられました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

武田 美穂さんのその他の作品

おさるのこうすけ / しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ / 憲法くん / かみなり どん / ぼくのきんぎょをやつらがねらう! / いつでもインコ



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

ソースなんてこわくない

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット