大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
宇宙の迷路 太陽系をめぐって銀河のかなたへ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宇宙の迷路 太陽系をめぐって銀河のかなたへ!

  • 絵本
作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784569781600

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


香川元太郎さんにインタビューしました!

みどころ

遊んで学べる絵本として大人気!香川元太郎さんの「迷路絵本」シリーズの第8弾!
今度はとうとう「宇宙」へと旅立ちます。

きっかけは、流れ星がおちた山で謎の青い石を見つけたこと。宇宙基地に行って調べてみると、どうやら石の模様は遠い星からのメッセージだというのです。メッセージの入っている10この石を探しながら宇宙を旅してその星を見つけだそう!

「宇宙基地」「春と夏の星座」「秋と冬の星座」「宇宙ステーション」「月の世界」「太陽系」「もえる太陽」「火星探検」「土星のリング」「星の一生」「はるかな銀河」、そして最後に「謎の惑星」へと続く全12場面。今回は人や動物が生活をしている場所とは全く違う未知の世界ばかりです。

各見開きページで楽しめる迷路は2つ。簡単に通り抜けられる迷路とむずかしい迷路です。太陽系をたどったり、太陽の表面の「フレア」や、土星のリングの正体「氷の粒」、星間ガスに迷路が隠されていたり。宇宙の迷路は一筋縄ではいかないようです。隠し絵はひとつではありません。思わぬところに思わぬ絵、たくさんの絵が隠れています。宇宙人や問題になっていない文字も見えてきますよ。さらにクイズは絵をじっくり読み解きながら答えを見つけていきます。
「春と夏の星座」「秋と冬の星座」には、日本などでみられる星座が精緻に描かれているので、子どもたちは遊び感覚で知識を得る喜びを感じることができます。また、若田光一さんや古川聡さん、山崎直子さんなど、実際に活躍されている宇宙飛行士たちが似顔絵で登場しているのも見逃せません。

意外なほど読み応えのあるこの絵本、子どもと一緒に大人も夢中になってしまうはずです。
謎の惑星に無事にたどりついたからといって安心してはいけません。まだまだ謎はたくさん隠されているようですよ。さあ、ふたたび宇宙への旅へ出発です!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

宇宙の迷路 太陽系をめぐって銀河のかなたへ!

出版社からの紹介

ベストセラー「遊んで学べる」迷路シリーズの第8弾!

精緻に描かれた宇宙の世界には、さまざまな迷路やかくし絵が仕掛けられている。そうした迷路やかくし絵に挑戦しながら、「宇宙基地」から「謎の惑星」までを宇宙旅行する。ゴールに到達するためには「魔法の石」を10個みつけなければならない、という設定だ。

具体的には、「宇宙基地」「春と夏の星座」「秋と冬の星座」「宇宙ステーション」「月の世界」「太陽系」「もえる太陽」「火星探検」「土星のリング」「星の一生」「はるかな銀河」「謎の惑星」の12場面がある。

「春と夏の星座」「秋と冬の星座」には、日本などでみられる星座が精緻に描かれているので、遊び感覚で覚えられる。また、若田光一さんや古川聡さん、山崎直子さんなど、時代の寵児である宇宙飛行士たちが似顔絵で登場している点も見逃せない。

迷路と謎解きの旅に、さあスタート!

 「春と夏の星座」「秋と冬の星座」には、日本などでみられる星座が精緻に描かれているので、遊び感覚で覚えられる。また、若田光一さんや古川聡さん、山崎直子さんなど、時代の寵児である宇宙飛行士たちが似顔絵で登場している点も見逃せない。

ベストレビュー

謎の惑星から地球まで

謎の惑星から地球まで。いろいろな星をいきます。
迷路はもちろんかくし絵もあったりして遊ぶところ満載です。
宇宙というのがなんだかピンときていなかったせいか、わかりやすく迷路って感じが薄かったのか、単に好みの問題か子供の反応はこのシリーズの中では薄かったです。
もう少し大きくなってからだとまた違うかも。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

香川 元太郎さんのその他の作品

お化けの迷路 / 水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ / ポケット版 進化の迷路 ポケット版 進化の迷路 / 動物の迷路 / 自然の中でかず・かたち遊び かずの冒険<地底編> / ポケット版 時の迷路



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

宇宙の迷路 太陽系をめぐって銀河のかなたへ!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット