話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
みえないばくだん
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

みえないばくだん

  • 絵本
文: たかはし よしこ
絵: かとう はやと
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2011年12月
ISBN: 9784097264576

B5変型/32頁

出版社からの紹介

続きを読む
みえないばくだん

ベストレビュー

「核の脅威」にさらされている

個人的には私も「核」の平和利用はないと思うのでこの絵本の趣旨に賛成です
今でも思い出すのは3/11当日の朝、某電力会社からの「オール電化」の勧誘電話、それと頻繁にテレビ放映されていた原子力発電所の見学会のCM
安全神話が崩壊した今CMが、流れないのは認めた証拠
そしてただ一つ稼働していた北海道の泊原発が(定期検査)止まりました
「電力不足」と叫ぶ前に「核の脅威」にさらされている上での生活であったことを私たちは知ったのです
ドイツのグードルン作「見えない雲」をナビの感想で見つけて読んだ後すぐに自分も借りて、地域の小さな子供を持つ親子のお話会で紹介をしたときに、あまりにも無関心さに唖然としたことがあります

風化するには早すぎますね
何がそうさせているのでしょうか・・・?
日本特有の「平和ボケ?」それとも現実の生活に追い込まれていて「誰が専門家に任せた方が・・・」
そういうところに食い込んでいけるのがこの絵本だと思います
巻末にある製作に携わった方々の胸の内をぜひじっくりと読んでみてください
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
704円
627円
616円
2,530円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
550円
10,780円
550円

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みえないばくだん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら