しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
桜守のはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桜守のはなし

  • 児童書
作: 佐野藤右衛門
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年03月06日
ISBN: 9784062175197

小学初級〜
ワイド判 32ページ

出版社からの紹介

桜守の佐野藤右衛門さんが、子どもたちにむけて、桜を守ること、木のいのちを継ぐことへの思いを、日々の仕事を通じて語りかける写真絵本です。佐野さんの保有する写真と、京都在住の桜写真家、
水野克比古氏による桜の木とともに構成します。佐野さんは、桜を通じて、人間と自然との関係、
個性がうまれることのたいせつさを子どもたちに、伝えています。淡く美しいピンクの桜が見開き
いっぱいに広がる春の写真は、圧巻です。

桜守のはなし

内容紹介

日本全国を飛び回り、傷ついた桜の手当てをし、桜の新種を探す著者は「桜守」と呼ばれている。本書では桜守の仕事を見やすい写真で紹介。著者の活動を通じて、いのちをつなぐとはどういうことかを伝える写真絵本。

ベストレビュー

日本人の心

表紙の佐野さんの笑顔と
背景に咲く綺麗なピンク色の桜に心を奪われ
この本を手に取りました。

京都弁のやんわりとした口調がとても魅力的です。
桜という木は、「守り」をしないといけない木で、
その「守り」について、丁寧に描かれています。

「守るといっても保護するわけやない。
ちょっと手をそえてやるぐらいでええんですわ・・・」

桜を通して、人と自然との関係を伝えてくれるこのことばは、
人と人との関係にもつながると感じました。
親と子であったり、教師と生徒であったり。

小学校高学年から中学生を対象に、
「生きる」「仕事」「自然」「桜」「京都」などをテーマにしたときに
紹介したと思っています。
(たぽたぁぽさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

桜守のはなし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット