宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
アンデルセンの絵本 人魚ひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンデルセンの絵本 人魚ひめ

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 角野 栄子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,650 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784097641063

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

王子様に恋をした人魚ひめの悲しい物語。
王子様に恋をした人魚ひめは、海の底の魔女にたのんで、人間の姿に変えてもらいます。でも、王子様はほかのおひめ様と結婚…。海の泡となって天にのぼってゆく人魚ひめの、悲しい恋の物語。アンデルセンの代表作です。

ベストレビュー

美しい絵の悲しいお話

ディズニーのアリエルの原作を読みたいというので
せっかくだから絵と文がしっかりしている昔のものを、と思い
これを手に取りました

悲しいお話なのは知っていましたが
改めて読むとやっぱり悲しいお話です。

一番最後のシーンは、美しい海と太陽で
人魚姫が穏やかに泡になったのが伝わるのですが
その分4歳の娘は、人魚姫が泡になって消えてしまったのがどうも納得いかないようで
自分なりにハッピーエンドにしようとお話を変えていました
(はらぺこひつじさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

ロミオとジュリエット / 喜劇レオンスとレーナ / クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた

角野 栄子さんのその他の作品

おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン! / おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

アンデルセンの絵本 人魚ひめ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット