そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
きょうのシロクマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きょうのシロクマ

  • 絵本
作: あべ 弘士
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きょうのシロクマ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年07月
ISBN: 9784895728614

幼児から
290×240mm 34ページ

出版社からの紹介

2頭のアザラシを見つけた腹ペコのシロクマ。狩りを試み、呼吸穴の前でじっと待ち…、やがて、いたちごっこに疲れてしまい…。あべ弘士が、2011年6月、初の北極探検で出会った場面、野生のシロクマの「生きる」姿をのびのび描く。

ベストレビュー

観察記録

2011年、あべさんが北極探検した時の光景を描きます。
そう、まさに題名そのままです。(笑)
シロクマとアザラシが対峙した時の様子ですね。
アザラシ狩りって、けっこう難しいようです。
ほら、あの手この手を繰り出しているようですが、
やっぱり・・・。
もちろん、両者のセリフは、あべさんの補足ですが、
手書きなので、とても愉快です。
私は、イベントなどで、あべさんに何度もお会いしていますから、
とぼけたナレーションの音声まで脳内再生してしまい、
まさにあべ弘士ワールド全開です。
シンプルな絵なのに、動物たちの様子を鮮やかに描出する画力には、
毎回脱帽です。
本来は生存競争の殺伐とした光景なのに、
このゆったり流れる空気感。
生き物たちと深く接してきたからこそ、すくい取れるドラマであり、
観察記録だと思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

ライオンの風をみたいちにち / クマと少年 / 紙芝居 チンパンジーのおんがくかい / あべ弘士どうぶつクイズ教室 / 大造じいさんとがん / 自分におどろく



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

きょうのシロクマ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット