話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ティリーのクリスマス

ティリーのクリスマス

  • 絵本
作: フェイス・ジェイクス
訳: 小林 いづみ
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ティリーのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784772101356

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

勇気ある、木の人形ティリーのお話の続編。クリスマスに招いた親友の、クマのエドワードがなかなか来ません。「何かあったのね。助けにいかなくちゃ!」。ティリーの冒険が始まります。

ベストレビュー

人形の目から見た世界は大きい

『ティリーのねがい』の続編という感じなので、前作を先に読んでおいたほうがいいけれど、楽しさが前作に劣るとは思いません。子供も、どちらも読んでもらいたがります。ティリーは今回、友達のクマのぬいぐるみを探しに、家の外まで出てしまいます。何もかも人形にとっては巨大に描かれているので、読者にとっては巨人の国を冒険しているようにわくわくします。でも、クリスマスだけあって、物語の焦点はクマとの友情(ほとんど夫婦みたい)だと思います。ちょっと頼りなくても、助け合い、一緒にクリスマスを楽しめる大切な人がいるっていいな。
(ホートンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フェイス・ジェイクスさんのその他の作品

ティリーのねがい

小林 いづみさんのその他の作品

こねこのチョコレート / なかよしのくまさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ティリーのクリスマス

『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

ティリーのクリスマス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット