もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ぼくのくつしたはどこ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのくつしたはどこ?

  • 絵本
作: マライケ・テン・カーテ
訳: 木坂 涼
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年01月22日
ISBN: 9784593505609

168×208mm/17ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

子どもが大好きなモチーフがたくさんつまった、おもちゃ箱のような「探しもの絵本」の登場です。オランダの画家マライケ・テン・カーテが描く絵は、カラフルでにぎやか! 眺めているとウキウキします。

おふろからあがったばかりの男の子が、着るものを探しています。
「ねえねえ、ぼくのしましまのパンツ。どこにあるか知らない?」
タンクトップにズボン、セーターにくつした……。見開きページにひとつ、男の子の探しているものが隠れています。さて、どこにあるかな?

ページをめくるごとに、子どもたちや動物たちが楽しそうに遊ぶ情景が展開します。おふろに入っているワニとねずみ、うさぎとともにお昼寝している女の子、洗濯物のうえで遊ぶ猫、そり遊びをする子どもたち……。ひとつひとつの情景から、また新しい物語が生まれてきそうです。

混沌とした見開きの絵の中から、男の子の探している持ち物をひとつだけ探すのは、けっこうむずかしいんです。絵が楽しすぎて目があちこちにいってしまいますし、「あった!」と思ったら模様がちがったり、まったく違うものだったり、意外すぎるところにまぎれこんでいたり。

親子で一緒にゆっくりと、探しものを楽しんでください。

(光森優子  編集者・ライター)

ぼくのくつしたはどこ?

ぼくのくつしたはどこ?

出版社からの紹介

おふろあがりの男の子が、自分の着替えをさがします。パンツに、靴下、ズボンに、セーター…1見開きに1アイテム探します。全部で7つ、見つかるかな? 赤ちゃん絵本のつぎに手に取ってほしい、かわいい「さがしもの絵本」!

ベストレビュー

以外に難易度高いです

このお話は主人公の男の子が外に遊びに行くのに自分の着るものなどを探すお話だったのですが、これが意外に難しかったです!!探すものの一部しかうつってなかったりするものが多かったので、大人も頭を使わされて親子で楽しめました!!
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木坂 涼さんのその他の作品

とらさんおねがいおきないで / ぜったいたべないからね / ぜったいがっこうにはいかないからね / ぜったいねないからね / ぜったいひとつだからね / ぜったいねないからね



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ぼくのくつしたはどこ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット