となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
マウルスとマドライナ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウルスとマドライナ

  • 絵本
作・絵: アロイス・カリジェ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マウルスとマドライナ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年
ISBN: 9784001105742

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヤギ飼いの少年マウルスは,町に住むいとこのマドライナの家に初めてひとりで遊びに行きました.そして,こんどはマドライナとおじさんを連れてアルプスの山にもどりますが,天候が急変します…….

ベストレビュー

厳しい自然の中にも

カリジェの本は素朴だけどその中にも厳しさや山での知恵など含まれていて素敵です。

今までにはなかった都会での様子も新鮮でした。情景が目に浮かぶようでハラハラドキドキしましたが泣き言も言わず子どもながらに立派です。最後にはプレゼントのようなおまけもあり読み応えのある本です。
(フォーリーフクローバーさん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アロイス・カリジェさんのその他の作品

ナシの木とシラカバとメギの木 / フルリーナと山の鳥 / ウルスリのすず / マウルスと三びきのヤギ  / 大雪 / アルプスのきょうだい

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

マウルスとマドライナ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット