おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ティモシーとサラともりのようせい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ティモシーとサラともりのようせい

  • 絵本
作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ティモシーとサラともりのようせい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784591087138

2歳〜5歳
25cm x 24.5cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ティモシーとサラが山にでかけると、ちょっとかわった男の子にあいました。
サラはもりのようせいにあったといいますが……。

ベストレビュー

切ないですよね。

「もりのようせい」の寂しく切ない気持ちがよく描かれている絵本に思いました。
私たちもそうですが,いつだって見送る側は寂しくて切ない。
そうなんですよね。。。
「また来るからね」の「またっていつんだろう。。」と。
そこがレジャーの場なら「またなんてあるのだろうか。。」と。
出会いと別れは本当に紙一重というか,出会いがあれば別れがあるのが世の中なのですよね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


芭蕉 みどりさんのその他の作品

ティモシーとサラ かあさんのすきだった木 / ティモシーとサラ ちいさなとしょかん / ティモシーとサラ はなやさんからのてがみ / ティモシーとサラ てづくりケーキコンテスト / ティモシーとサラの絵本(既刊11巻)  / ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

ティモシーとサラともりのようせい

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット