あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ティモシーとサラともりのようせい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ティモシーとサラともりのようせい

  • 絵本
作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784591087138

2歳〜5歳
25cm x 24.5cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ティモシーとサラが山にでかけると、ちょっとかわった男の子にあいました。
サラはもりのようせいにあったといいますが……。

ベストレビュー

森の妖精さん、お友達になっても逢えないのが寂しい・・・・・

双子のこねずみのティモシーとサラが、初めて家族と訪れたキャンプ場で、森の妖精にあいましたが、折角お友達になった妖精はの別れが辛くて寂しい気持ちが伝わってきました。妖精だけでなく、ティモシーとサラも同じ気持ちだったと思いました。妖精はサラのリボンを逢える日まで大切にして持っていると思うし、サラは妖精からもらったガラスを大切に二人共宝物のようにしてると思いました。きっともう一度森の妖精に逢いに行くと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


芭蕉 みどりさんのその他の作品

ティモシーとサラ かあさんのすきだった木 / ティモシーとサラ ちいさなとしょかん / ティモシーとサラ はなやさんからのてがみ / ティモシーとサラ てづくりケーキコンテスト / ティモシーとサラの絵本(既刊11巻)  / ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

ティモシーとサラともりのようせい

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット